« おかあさんとわるいキツネ | トップページ | セコイア »

2011年12月 4日 (日)

絵本コンサート楽しかった!

 「楽しかったよ!絵本コンサート」
3:11以後、不安が増すばかりと誰もが思っています。特に原発の事故は若い親たちの不安が増すばかりです。目に見えない、匂いもない、触る事もできない、そして、何年か先にダメージが出る可能性が大変多いとなったら、子どものいる家庭はかなりの緊張がのしかかっている、だからあまり外にもでない、子どもの生活をどうしていいかわからないのが本音といえます。こんな時にコンサート?どうだろうか?でも私たちが元気にならないでどうするという思いがありました。
来てくださった方たち、みんな柔らかい表情で帰られたので「子どもと本これからの会」のスタッフとお手伝いをしてくださった人はとっても嬉しくなりました。生の音楽を子どもたちと聞くのは”だいじょうぶかな”子どもたちは聞いてられるかな”と心配していた人たちもいましたが、(たしかに演奏の途中で子どもの泣き声)四重奏楽団ドロップの人たちの音は子どもの泣き声を越える力があって、”音楽はいいなぁ”と思いました。そして、
Photo
「かぞえうたのほん」のはじまりです。これはただ読むだけでなく、高森さんが絵本と会場にいる人たちと上手に結びつけてくれます。手遊びをふくめて、子どもたちの元気な声が会場いっぱいです。
Photo_2
次に「とんがぴんがのプレゼント」がスクリーンいっぱいにうつります。ハリネズミのとんがとぴんがが1年かかって働いてサンタのおじいさんにクリスマスのプレゼントをつくって贈る話です。若い松戸さんの元気な声が響きます。ドロップの演奏がとんがとぴんがの気持ちを音楽であらわしてくれます。
 あぁ!クリスマスがくるのだ、いつもの年のように友だちや家族でクリスマスを過ごす事ができるといいなぁ!日常の営みがどんなに大切か、子どもたちから元気をもらった一日でした。この元気をどうやったら東北の子どもたちに届ける事ができるだろうか、忘れないこと、ちょっとでも前に進んでいくことです。みんなに作ってもらったお手紙のような栞を本といっしょに届けます。


« おかあさんとわるいキツネ | トップページ | セコイア »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/53406843

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本コンサート楽しかった!:

« おかあさんとわるいキツネ | トップページ | セコイア »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山