« トドマツ森のモモンガ | トップページ | くまさんのまほうのえんぴつ »

2011年11月19日 (土)

海からのおたより 2011年11月

 レジンペレットの海

Photo_4

9月末の台風15号の影響で千葉ポートパークには高潮が押し寄せました。大量の木くずとともにレジンペレットが水の引いた浜に残されました。これらはいったいどこから流されてきたものなのでしょうか。

Photo_3

レジンペレットとはお米の粒くらいのプラスチックの粒です。プラスチック製品の中間材料でこれを溶かして色をつけてバケツなどの製品をつくります。また。ぬいぐるみの中にもはいっていることがあるようです。先日、代表をしている「かもめのクリーン隊」でポートパークの清掃をしていたら参加した方から驚くべきことを聞かされました。
その方は、中国・大連でたまたまレジンペレットを作っている工場を見学されたそうです。なんとその材料は紙おむつの足の付け根のギャザー部分を切り取って集めたものだった!というのです。「一番いい材料だ」とその工場の説明があったそうです。おむつ本体はなく、ひらひらの部分だけが山と積まれていたそうです。使用済みのものなのかはわからなかったそうです。これが中国国内で使われるのか、日本に輸出されるのかは不明です。
日本ではプラスチック工業会がマニュアルをつくって工場内からの漏出防止につとめていますし、側溝内に設置するフィルターも製品化されています。しかし、海岸に流れ着くレジンペレットは減る気配がありません。オイル流出のような罰則がないのです。プラスチックは汚れを吸着しやすい性質を持っており、PCBやDDTなどの現在使用禁止になった毒物などが付着していることが海外で確認されています。魚や鳥がエサと間違えて食べ、胃の中から発見されたという報告もあります。
Photo_2

これはいなげの浜に漂着していたレジンペレットです。ビーズのようできれいだという人もいます。でも、あってはいけないものが海岸にこんなにたくさん流れてきているということを知っていただきたいと思いました。
ポートパークでは「かもめのクリーン隊」がほうきで掃いて少しずつ回収をしています。次回活動日は11月30日です。

   どんぐりつうしん変集長 谷口優子


« トドマツ森のモモンガ | トップページ | くまさんのまほうのえんぴつ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/53285310

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2011年11月:

« トドマツ森のモモンガ | トップページ | くまさんのまほうのえんぴつ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山