お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« どろんこライオン | トップページ | 昆虫としたしむ12か月 »

2011年7月 6日 (水)

市長の出前講座をきいて。

Photo

4日いつも読書会のお手伝いにいっている文庫を会場に「こども施策〜子どもを産み育てたいまちへ〜」という市長出前講座があり参加した。その日は午前中に芝田勝茂著「ふるさとは、夏」の読書会があり、夏、父親の出身の村にいった少年の物語を読んだ。それと、計画節電で親の労働日が変わる、ここ連日メディアで取り上げられている。これらがどう関係があるのか。
 千葉市の熊谷市長は若いということもあるのかもしれないが、いままでとちがい市民の意見を積極的に聞き取り上げていく姿勢、これは大切なことだ。とてもフットワークが良い。この日の出前講座は将来子どもが減っていくというデーターをもとに、子育ては市にとり最重要政策だということ、乳幼児の待機児童の解消、子どもの自立と子どもが希望をもてる千葉市に!そのための子どもの参画のことなどを主に1時間ほどの話があり、その後の質疑応答があった。熊谷市長の積極的な姿勢には好感がもてる。たとえば私のかかわりがある子どもと本と読書環境のことなども、展示会などにも短時間でも見に来ていただいたし、なんといっても今年の図書について交付税がつき、現場は活気がある。(いままでは図書館ひとつとっても千葉市は政令都市なので交付税は受けられないと言われ耳をかしてもらえなかった)
 高度成長政策は「ふるさとは、夏」の父親のように地方から若者が都市にむかって動き、気がつけば格差社会を生み、地方は高齢者ばかりになる、家族形態がすっかりかわってしまった。都市でも地域社会がなりたたなくなり、個生活者がふえ、働き蜂の父親は家族の輪からいつのまにかはずれてしまい、どこをみても母と子ども(一人っ子や多くて2人)の家庭が多くなった。子育ての悩みを聞く事も多いのだけれど、話を聞いていると夫婦の問題にいきつくことが多い。
 計画節電で勤務形態が変わる、土曜日出勤して、平日休み、そうしないとあたかも生活していけない(違反の会社は罰金?とか)あぁ!ますます日本は家族がなりたたない、親、とくに父親と子どもはどこでふれあうのだろうか。子どもは学校に行く時間がますますおおくなり、それから塾へ、母親たちもパートにでかけ、社会の一番小さい形態の家族がいっしょにいることがとても少ない生活、子どもたちはなにを見て育っていくのだろうか。
 子ども会がほとんどなくなり、この文庫のような自由にいられるような場所がたくさんできるとよいと思う。普通のお父さんが自分の子どもだけでなく、他の子どもたちと普通に触れ合える場所はできないものだろうか。(ちなみに千葉市は児童館がひとつもない)この次はこの政策を市民といっしょに具体的にどうしたら良いのか話し合いたい。
 最後に最近お父さんになった市長の住まいがこの文庫の近くだということがわかり、ぜひ子どもをつれて文庫へと参加者に言われ、笑い声の明るい散会だった。

« どろんこライオン | トップページ | 昆虫としたしむ12か月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/52139916

この記事へのトラックバック一覧です: 市長の出前講座をきいて。:

« どろんこライオン | トップページ | 昆虫としたしむ12か月 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo