« そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう | トップページ | 千年の森をこえて »

2011年6月20日 (月)

これからの会だより4ー6月20日

     ーこの会の中心は「こども」と「本」です。ー
 梅雨特有の空、鳥の声がするので見上げてみると電線に一羽とまっていて、時々ピィーという鳴き声がします。蒸し暑く、また所によっては大雨が降るとのことです。今年は雨、風が気になります。
Photo
昨日「これからの会」の世話人会をひらきました。いつも話している様にこの会の構成はゆるい会にしたので、世話人会といっても肩書きとか強く決まったものがありません。役割分担は総務(事務)と会計(いまのところ会費はないのですが)だけは決めてあります。あとは何をするかによって担当の世話人が決まります。今回は26日の講演会の話し合いと、次になにをしようかということ、被災地に本をおくる事の相談でした。26日の役割分担は決まり、できるだけいろいろの人に声をかけるということを確認しあいました。
 次に何をしようかというと秋に絵本をつかっての音楽会、とくに若い子育て真っ最中の親たちが、自分の悩みや考えている事を楽に他の人に伝えられるように、というのが目的です。ふだんでも閉塞状況のなかで子育てをしている若い親たちが他の人たちとつながりや交流がもてるように、この今の状況はたとえば私の世代にはあまり考えられないことです。メディアのわけがわからない波の中に、たとえば放射能の数値にぴりぴりしている、そんな状況のことが出席の若い人から話されました。
 もう一方の被災地に本をおくることは、実際宮城県に行ってきた人の話を聞きました。積極的に取り組んでいるところと、残念ながら贈られた絵本がただ山になっている、贈る側と受ける側がうまく連絡が取れていない、とれる状況になっていないなかでどうしたらよいのか、もうすこし情報収集をすることに(ただしなるべく早く)なりました。
世代を超えて集まっているので、いろいろの考え方、感じ方を知りとても貴重な時間でした。世話人会には出られないけれど、こういうことがしたいと思ったらご連絡ください。その小さな事でもみんなで話し合い検討したいと思います。
 


« そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう | トップページ | 千年の森をこえて »

お知らせ」カテゴリの記事

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/51998247

この記事へのトラックバック一覧です: これからの会だより4ー6月20日:

« そうべえ ふしぎなりゅうぐうじょう | トップページ | 千年の森をこえて »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山