« おそい梅と早い桜、そして春の花のなかで | トップページ | 落ちついて考えたい »

2011年3月14日 (月)

今日一日ー募金を!

Photo
急ぎの書類を学校に届けなければならなくて、強風の中出かけた。南風がほこりっぽく吹いている。
今日は小学校はお休みとばかり思っていたら、午前中は授業、そしてパンと牛乳の給食でお帰りとのことだ。JRも京成も止まっているので、駅には人があふれていた。バスを待っている人たちだ。銀行に寄るとあまり人がいない、工事をしている駅はしっかりシャッターを降ろしている。ペリエはお休み、そごうの地下の食品売り場は開いていて大変な人だった。パン屋のところが一番人が並んでいて、後はお米や、野菜を買っている人が多い。私も奥の売り場の「こだわり屋」で天然酵母のパンを買って、(ちょっと友人の分も買って)小学校へ。
 子どもたちはいなくて、先生が残って仕事。電車が止まっているときは学校も休めば良いのにと思う。そのために生産活動が落ちても、どっちみち電気が止まるのだから良いではないか。けれど、いまこのブログを書いている時に、ラジオでは駅では帰宅の人であふれかえっているといっている。帰り道東京電力の支店へ。計画停電のことを聞くのに寄った。というのは、店の所は(千葉市中央区)どのグループなのかHP見てもわからない。第1にも2にも4にも千葉市が載っているからだ。10分くらい待たされて、(東電の人が質問に答えるべく10人くらいいた)住所をくわしく聞かれ調べたプリントを渡された。同じ中央区でも同じグループではない、HPでは正確に載っていないとのこと、なんだかへんな話だ。帰り道電池を買い忘れて、西友へ、トイレットペーパーやナプキンやパンなどの棚がカラッポ、残念ながら電池もない。近くのコンビニにもなくて、いつ入るかと聞いたら、しばらくはダメとのこと、”被災地の方に優先して送らなければならないから”との返事、それはもっとものことだ。
子どもたちのことがあまりニュースにのらないけれど、どんなに不安になって、つらい子どもたちがたくさんいることだろう。だれが面倒をみているのだろうか?とりあえずわずかでも募金へ。いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に参加している団体で。ともかく2人状況調査もかねて出発したとか。
*ガードで募金 公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ、ただカードはこの時期に詐欺があるとのことで気をつけてください。
最後に郵便局へよって、カードで募金はいやだという人のための振込用紙をもらってくる。
*郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東北地方太平洋沖地震募金」
 と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から
電池と毛布と医療品とミルクがたりない+小さな気持ちを!!

« おそい梅と早い桜、そして春の花のなかで | トップページ | 落ちついて考えたい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/51119828

この記事へのトラックバック一覧です: 今日一日ー募金を!:

« おそい梅と早い桜、そして春の花のなかで | トップページ | 落ちついて考えたい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山