« 新幹線しゅっぱつ | トップページ | 本は魔法の力ー2 »

2011年3月29日 (火)

海からのおたより 2011年3月 

   
 今回の大震災で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

Photo_2
Photo_3




千葉ポートパークの人工海浜を歩いてきました。大きな被害はなかったようですが、潮がひいた海岸の護岸には津波のあとがくっきりと残っていました。一ばん高い140センチくらいのところに黒い重油?がべたっとはりついていました。そばに打ち上げられていたゴミも木の葉もべとべとでした。ここの津波は重油も運んできたようです。もし火の気があれば燃えていたかもしれません。
イソギンチャク、カキ、フナムシ等が被害に遭っていました。何も知らない親子が潮干狩りをしていたのですが、声がかけられませんでした。
富津や木更津の海苔の養殖場がコスモ石油の火災の影響でアスファルト原料まみれになって全滅したそうです。おそらくポートパークの重油らしきものもそのせいでしょう。自然は時としてわたしたちのはるかに想像を超えた牙を剥きます。いまわたしたちにできることはこの海岸の油まみれのごみを拾っていくことだと思ったのでした。
      
      どんぐりつうしん変集長 谷口優子


« 新幹線しゅっぱつ | トップページ | 本は魔法の力ー2 »

自然」カテゴリの記事

コメント

自然は時としてわたしたちのはるかに想像を超えた牙を剥きます⇒本当ですね。編集長のお家は被害がなかったでしょうか。美浜区にある私の実家は、箪笥の上のものが落ちて壊れた程度ですが、同じ美浜区でも液状化の被害が出ているし、千葉県内でもたくさん被害に遭われた方々がいらっしゃいますね。被災者の方々が一日も早く日常の生活に戻れるよう願うばかりです。

ご心配ありがとうございます。我が家は大丈夫でしたが浦和にある実家の漫画本の山が崩れたそうです。
きょうは千葉ポートパークでクリーンアップをしてきました。春休み中の学生さんたちが参加してくださってあっという間に砂まみれの油のかたまりがきれいになりました。県北部では被害が大きかったのですが南房総ではほとんど地震と津波の影響はなかったようです。花のシーズンなのに観光客が減ってしまい、困っているそうです。
みんなが安心して眠れる日が一日もはやく来ますように。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/51250283

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2011年3月 :

« 新幹線しゅっぱつ | トップページ | 本は魔法の力ー2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山