« ふたばからのおたより  ー 2月 ー | トップページ | ボグ・チャイルド »

2011年2月25日 (金)

海からのおたより 2011年2月 春はそこまで

  南房総のお花畑
2011_009

南房総に花の季節がやってきました。ことしもまた菜の花の咲くフラワーラインを通って海が見える千倉・白間津(しらまづ)のお花畑へドライブしました。ストック、キンギョソウ、ポピーなどが咲きそろっていました。この冬は寒い日が多かったせいかお花畑の花の丈は気のせいか短いようです。この10年でお花畑が高齢化のためか目に見えて少なくなってきました。

千葉ポートパーク
2011_006

春のようなぽかぽか陽気に誘われて海へ行ってきました。汐まわりはあまりよくなかったはずですが思いのほか干いていました。浜にはアメフラシのたまご(=海そうめん)が流れ着いていました。潮干狩りでアサリやホンビノスガイを採っているおじさんがいました。干潟の砂には貝やカニのあけた穴がたくさんあいていてときどき貝がぴゅーっと水をはきだしていました。春はもうそこまで来ています。

どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« ふたばからのおたより  ー 2月 ー | トップページ | ボグ・チャイルド »

自然」カテゴリの記事

コメント

鎌倉は今ワカメの最盛期で、
漁師さんたちが浜に干すワカメの緑色が目に優しく、浜辺に打ち上げられたワカメを拾う人もたくさん歩いています。
そんな光景をみていると、もうすぐ春がやってくるんだなあ、と思います。
海そうめんも同じように海辺で季節の移ろいを教えてくれるもののひとつですね。
まもなく3月、なんとなく気分もウキウキしてきますね。

zaimokuzaさま

こんばんは。
昨日店で新わかめを買って食べました。きれいな色で柔らかくて
おいしかったです。春の味がしました。
また、寒くなるようですが、春はすぐそこですね。食いしん坊の
会留府は楽しみにしています。庭のふきのとうもたくさん出て来て
春だ!といっているような気がします。

わかめ干しは鎌倉から葉山にかけての春を呼ぶ風物詩ですね。館山あたりの海岸ではわかめを拾う人はいますが、干す風景はほとんど見られません。保存しないで食べちゃうのでしょうか。(笑)

日差しが春めいてきましたね。


会留府さま

「生のわかめに熱いお味噌汁を注ぐのがいちばんおいしい」、と館山の人に教えてもらいました。
富浦で採れる切り込みがないわかめをオオッパワカメ(ヒロメという別の種類の海藻)といって珍重します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/50964149

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2011年2月 春はそこまで:

« ふたばからのおたより  ー 2月 ー | トップページ | ボグ・チャイルド »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山