お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <時々募集!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     3月の予定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *学ぼう語ろうの会 18日2:00〜 読書会「神の島のこどもたち」 中脇初枝著 母の友2月号を読む 誰でも自由に参加できます。お茶を飲みながら。参加費200円  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *ボランティア講座 18日10:00〜   子どもたちに本を読むボランティアに参加している人 今年度最後の講座なのでお話でも絵本を読んでも、各自のまとめ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *Y・Aの本を読む会 14日 7:00〜読書会「おはなししてこちゃん・藤野かほり作」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *グループ放課後 7日(木)7:00〜 図書館司書 「読みきかせのきほん28〜40」東京こども図書館刊 司書の立場からこのリストの検討  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 15日7:00〜今年刊行された各自のおすすめ絵本 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *憲法カフェ また・また 25日7:00〜原発は今・講師未定(交渉中)  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  *羊毛ちくちくの会 3月はお休み     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                                                 

 3月の営業とお休み

  •  3月のお休みと営業時間
    10(日)臨時・4・18・25の各月曜日 時々用事で空けることがあるかもしれませんが お休みではありません。 お電話メールで確認歓迎します *営業時間10:30〜6:00 日1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« アンネの木 | トップページ | くまりコードリーまいごになる »

2011年1月11日 (火)

海からのおたより2011年1月

    海のうさぎたち
 しばらくお休みしておりましたがよろしくおねがいいたします。
 ことしは卯年です。実は海の中にもうさぎ“がいるんですよ。知られざるなかまをちょっとご紹介しましょう。
 海には牛(ウミウシ)、猫(ウミネコ)、蛍(ウミホタル)などいろいろな名前がついている動物がいますが兎は「ウミウサギ」という巻貝のグループがあります。
Photo_2
中でももっとも大きいのは真っ白い「ウミウサギ」です。南方系の貝でヤギやウミトサカなどのソフトコーラルについてそれを食べています。かつてニューギニアの戦士はウミウサギの飾り物を歯にくわえて戦ったといわれています。割合と浅いところにすんでいる貝なので時々紀行番組でまじないやお祭りのときに南方の島の住人が身に着けているのを見かけます。真っ白で陶器のようなウミウサギは生きているときは真っ黒な外套膜という膜で貝を覆っています。千葉県で採集された記録があるそうですがふつうはみられません。千葉県で見られるのはもっと小型のウミウサギです。
2_2
Photo_4



シロオビコダマウサギ(左)、ムラクモコダマウサギ(右)、いずれも2センチ足らずの小さなウミウサギです。生きているときはウミウシのような鮮やかな該当膜に覆われているので海のジュエリーと呼ぶマニアもいます。これは漁港のゴミの中から見つけてきました。
 千葉県立中央博物館では恒例の「干支にちなむ貝」を1月いっぱい展示中です。先日見に行ったところ見慣れた貝が別の名前で展示されていました。
Photo_5
「コウサギ(小兎)」(写真は谷口所有のもの)とありました。フィリピンにいるそうです。かわいい貝なのでこどものころから親しんできました。以前はセムシウミウサギという気の毒な名前がついていました。別名でボタンウミウサギ(ちいさな円をボタンに見立てている)ともよばれるそうです。時代とともにいきもののなまえも変わってきているのですね。

   どんぐりつうしん変集長 谷口優子

参考文献
「ウミウサギ~生きている海のジュエリー」
飯野 剛 編 高田良二 監修 誠文堂新光社

« アンネの木 | トップページ | くまりコードリーまいごになる »

自然・絵本」カテゴリの記事

コメント

魚でも、カエルウオに名前を変更したり、形が変わったものをフリークと呼んだり、いろいろありますね。物の名前なので、いろいろ議論はあるようですが、私は嫌がる人がいるなら、そういう人たちに配慮すべきだろうと思います^^

おひさしぶりです。
さっそくコメントありがとうございます。
この貝の名前がついたのは90年も前ですから時代背景もずいぶん変わっています。これから和名はどんどん置き換わっていくのでしょうね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2011年1月:

« アンネの木 | トップページ | くまりコードリーまいごになる »

最近の写真

  • 4_4
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo