« サンタさんになりませんかーサイン本のお知らせ | トップページ | やさいむらのなかまたち »

2010年11月21日 (日)

うれしかったこと

まわりではクリスマスモードがはじまってきた。紅葉がおそかったので、まだ街の木々には葉っぱが落ちないでついている。クリスマスのイベントのため、ともかく毎日があわただしく過ぎていく。そのなかで、びっくりするやらうれしいやらということがあった。
昨年6月、会留府の勉強会で矢島真澄さんをおよびして、原画を見せていただきながら、おはなしをおききした。
Photo
矢島さんは「ポークストリート小学校シリーズ」パトリシア・ライリ・ギフ作(さ・え・ら書房刊)に挿絵を描かれていた。普通の子ども、むしろ遅れ気味な子どもたちの学校模様が書かれているこの物語を、読んでくれた子どもたちがたくさんいて、わたしはその挿絵の力も大いに感じていたので、お話をお聞き出来ないかとお願いしてみた。たくさんの絵を持って、夜なのに快く来てくださって、矢島さんの絵だけでなく、人となりをうかがうことが出来、とっても楽しい弾んだ時間をもつことができた。その時、会留府の名前のことから、ホームページ矢島真澄の仕事場のなかに、妖精やエルフが描かれていて、私が気に入っていると言ったことをおぼえてくださって、突然エルフの絵を描いて贈ってくださった。
ふとっちょ老エルフの姿、今クリスマス時だけれど、サンタクロースまがいの赤い服は着ていない、きれいな緑色の服を着ている。昨夜、その時のメンバーが集まる今年最後の定例会で、みんなにお披露目、みんなの羨望のまなざしを受けながら、ワイワイ、ガヤガヤと話が弾んだ。
ここちょっと嫌な事があったり、少し気が重かったけれど、しばし心の休憩、とてもうれしかった。
矢島さんありがとうございました。これで店にはいつもエルフがいてくれます。
Photo_2

Photo_3

Jpg

Jpg_2

あちらこちらで紅葉がきれい、桜の落ち葉、空と遊ぶ桜、散ったイチョウ、千葉高校の欅はあと少しで完全に紅葉です。もう冬がすぐそこ!


« サンタさんになりませんかーサイン本のお知らせ | トップページ | やさいむらのなかまたち »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/50086059

この記事へのトラックバック一覧です: うれしかったこと:

« サンタさんになりませんかーサイン本のお知らせ | トップページ | やさいむらのなかまたち »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山