« ふたばからのおたよりー8月 | トップページ | 海からのおたより2010年8月 その2 »

2010年8月26日 (木)

海からのおたより2010年8月

    赤潮・青潮・緑潮 
今年は早くから青潮や赤潮が出たので夏の2ヶ月ちかく千葉ポートパーク、千葉中央港をほぼ毎日観察しています。あたりまえのことですが、海のようすは毎日変化し、同じ日でも干潮と満潮では同じ場所なのにまったくちがった印象を受けました。
Photo
Photo_2

先月の「おたより」にも書きましたが、「赤潮」はプランクトンの異常繁殖ではっきりとした原因はわかりません。千葉中央港では7月13日に特に赤く変色しているのを確認しました。これはおそらくヤコウチュウです。これからどうなるのだろうと心配しましたがふしぎなことに翌日はすっかり消えていました。赤潮は海水の富栄養化(川からの家庭排水などに含まれるリンやチッ素)が原因ともいわれますが、古文書にも赤潮が記録されています。毒々しい色ですがヤコウチュウの場合は富栄養化とは関係がなく、また魚介類に被害を及ぼすことはないとされています。
Photo_3
「赤潮」は死ぬと泡のかたまりになるそうです。海に浮いている赤潮の泡を採ってみました。泡に混じってこまかいプラスチックの破片やレジンペレットが浮いていました。
Photo_4
「青潮」はちょっと複雑です。プランクトンなどが死んで海底に沈むとバクテリアが分解します。その際、たくさんの酸素を消費して海底に酸素がない水の塊ができます。さらに北寄りの風が吹くと(陸からの風)海面の水は沖に流され、酸素のない水が海面にあがってきます。海底の泥から発生した硫化水素が表面の酸素の多い水と反応して硫黄酸化物となって海水は白くにごったエメラルドグリーンになってしまいます。海水の硫黄分がコロイド化して白くにごって見える現象、それが青潮です。硫化水素が発生するので卵の腐ったような臭いがします。暑さが一休みした8月19日から20日に発生してカニ、ハゼ、アサリなど大量の生きものが酸欠で死にました。風向きが変わると青潮も一夜にして消えました。
Photo_5
「緑潮」は海藻のアオサが大発生した状態をいいます。潮がひくと海岸は緑のじゅうたんを敷きつめたようになります。富栄養化が原因といわれています。
アオサは悪臭を放ち、やがて腐って青潮の原因にもなります。

         どんぐりつうしん変集長 谷口優子

 


« ふたばからのおたよりー8月 | トップページ | 海からのおたより2010年8月 その2 »

自然」カテゴリの記事

コメント

先日、確かNHKだったと思いましたが、谷津干潟の生物たちが酸欠で大変なことになっているという番組をやっていました。
今年の異常な暑さも影響しているようですが、生物たちは何とかしてあげたいものですね。

お返事が遅くなってすみません。
先ほど函館から帰ってきました。
猛暑のせいか函館湾にも赤潮が出ていておどろきました。
赤潮=害だとずっと思っていたのですが必ずしもそうでないようです。
ほんとうに恐ろしいのは貧酸素状態ですね。
青潮にならなくてもこの夏はたびたび生きものが死んでいます。逃げられない生きものってかわいそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/49259741

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2010年8月:

« ふたばからのおたよりー8月 | トップページ | 海からのおたより2010年8月 その2 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山