« 春の嵐ー3月 | トップページ | さくら さくら »

2010年4月 1日 (木)

石井桃子展へ

Dscf1354
 児童文学の読書会をしている文庫の人と「石井桃子展」に行ってきました。2月6日からはじまっていましたが、なかなか時間がとれなくて、風は強くとも暖かい春の一日にゆっくりと見てきました。会場の世田谷文学館いっぱいの展示会場はそんなに混んでいなくてゆっくり見る事ができました。「クマのプーさん」をはじめ、みんな石井桃子さんの著作の何かしらを読んではいますが、生涯と作品とかつら文庫のこと、そして交流のあった外国の児童文学や図書館に貢献された人たちのことなど、年代順にずっと見てくると、あらためて偉大な業績と人となりに思いをはせる事ができました。しっかり書き込みのある本と資料、自筆の原稿と書簡集、そして、かつら文庫での子どもたちと本を読んでいる笑顔、みんな石井桃子さんなのです。石井桃子さんは私にとっては祖母の年代の方です。その私自身の父方、母方の2人の祖母(2人共とても知的好奇心の強い、自立心の強い人でした。)明治に生を受け、大正、昭和と激動期を生き抜いてきた女たちの強さもまた、あらためて感じました。
 文学館を出て暫く桜が満開の木々を見ながら、徳富蘆花旧宅の在る盧花恒春園まで足をのばしました。途中でちょっとわからなくなって尋ねあてるのに時間がかかり、墓地の方に先にいったために残念ながら旧宅の中には入る事ができませんでしたが、いろいろの桜が満開の下を久しぶりにゆっくり散策してきました。とても良い一日になりました。


« 春の嵐ー3月 | トップページ | さくら さくら »

コラム」カテゴリの記事

コメント

ほんとうにすてきな展覧会でした! 私も、一つ一つの書き込みに見入ってしまいました。
偉業をなしとげた方の底辺にあるのは、大きな野心ではなく、熱き心と堅実な日々の積み重ねなんだなと。

ミランフさま
コメントありがとうございました。
あのような展覧会をみるたびに、中学生あたりからの若い人たちにも見て欲しいといつも思います。
本が人びとの知的好奇心と情熱の積み重ねによってつくられるものだということ、石井桃子さんはずっとそれを持ち続けられたということをあらためて感じました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/47971399

この記事へのトラックバック一覧です: 石井桃子展へ:

« 春の嵐ー3月 | トップページ | さくら さくら »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山