« ふしぎなガーデン | トップページ | 「たった独りの引き揚げ隊」を読む »

2010年2月 8日 (月)

もう少しで春かな

Photo

Jpg




先週は風邪ひき、熱はあまりたかくないものだからついつい仕事をしてしまった。1週間の寒さが続いた間わが家のエアコンも調子が悪くて部屋が暖かくならないものだから体調は最悪だった。でも、こまごました用事を片づけなければならないので、寒気がするまま店と自宅を行ったり来たりして1週間を過ごした。今日は暖かくていままでの寒さがうそのよう、ご近所の梅をながめながら出かけた。本当は今日は店は休みだったけれど、トラブルをかかえてしまって、こういうのは早く解決しなければならないと、だからきっと私は不機嫌だったのだろう、加えて週明けで相手も調子が悪かったのだろう、お互い喧嘩ごしの物言いになってしまった。注文と違う本が入ってきた、出版社に注文した私の方のミスはない。(出版社の履歴を調べてもらった)出版社の品出し違いなのか、流通センターを通っているので、取次ぎのミスなのかわからない。どうしたら良いかと言う問いに、うちはまちがっていないから、出版社と交渉してくれといわんばかりの言葉につい怒ってしまった。出版の流通が時々話題になっている。売れない、返品が多いと巨大になっている流通に人が追いつかない。本は大量に作って売るということと違う面がある。読書は消費としての本もあるけれど、きわめて小さな個人的な営みだ。私のところみたいな専門店は1冊1冊売っているし相手は個人、(学校や図書館などがすこし集団なのだが現代はそういうところは大きな業者が入っているので)あくまで1冊ずつ仕入れて1冊ずつ売るのが基本だ。信頼がなければとてもなりたたない。今回のように違ってしまったところの責任はお客には関係ないこと、ともかく敏速に取り替えることなのに、うちは間違っていないからと言いつのる態度におとなげなく怒ってしまった。せっかく春近しという朝の気分はこれでだいなしになってしまった。
明日は高校生と一緒に取次ぎで本を抜くので、ちょっとは気分が楽しくなるかな!どんな本を選ぶだろうか。それをはやく届けて読んでもらえれば、私の風邪もすっかり治るような気がするのだが。

« ふしぎなガーデン | トップページ | 「たった独りの引き揚げ隊」を読む »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/47515591

この記事へのトラックバック一覧です: もう少しで春かな:

« ふしぎなガーデン | トップページ | 「たった独りの引き揚げ隊」を読む »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山