« 地球が回っているって、ほんとう? | トップページ | うっかりものの まほうつかい »

2010年1月27日 (水)

春のけはいと絵本

暖かな日が続きます。室内で仕事をしていると昼間はほとんど暖房がいりません。
Photo_4


Photo_7

Photo_9




 こぶしの芽が大きくなって、梅も咲き始めました。千葉に来た時は冬にみかんがなっているのをみて、驚いたり感激したりしましたが、歩いていると庭にみかんと梅が並んでいて、春が近くなって来ているのだと感じます。そういえば今日裏の庭でふきのとうがちょっぴりあたまを出しているのを見つけました。
 この頃絵本を読み聞かせるということにちょっとばかりモヤモヤとした思いがあります。絵本はプライベートな面があります。絵と文=言葉でなりたっている(言葉のないのもありますが)とはいえ、基本的には絵をよむものです。子どもと読みあう、いわゆる読み聞かせといい、今は集団読み聞かせが盛んになってきています。そのことにクレームをつけるつもりはありませんし、むしろ幼い時から絵本を親や身ぢかな人に読んでもらうなど、とても難しい状況の子どもがたくさんいるので、絵本を読む機会がどうであれたくさんあることはとても大切なことがわかります。でも、たくさんの子どもをまとめて絵本をひらいて読むスタイルの、読み聞かせはいつも抵抗感があります。しかもボランティア講座を主催している立場としてはいつも悩みます。私自身絵本は自分のペースでしっかり、気に入った絵本は何回か見るという読み方をするので、一方的に、一定の読み方で読み聞かせ?をすることに抵抗感があるのです。
 それはちょうどふきのとうを見て、ただ見るだけなら”あら、てでてきた、もう少し大きくなったらとって食べよう”とだけ思う、そうでなくて春の気配を感ずるのがうれしいのです。春の気配は光であり、風であり、ふきのとうの輝きで、見えないものです。
絵本は絵で見えてしまいますが、見えないものをどうやって、どう描いているかでおもしろさがちがってきます。どうやってそのおもしろさを子どもたちに伝えようか。
 先日、藤田新策さんの「ちいさなまち」を紹介してメールをいただき藤田新策を知り訪ねてみました。そのなかで藤田さんは”絵本は歌をつくるのににているようだ”と書いていらっしゃいます。
 見えないものを絵にして見せてしまうけれど、それだけでない絵本、しばらく歩きながらそんなことを考えています。

« 地球が回っているって、ほんとう? | トップページ | うっかりものの まほうつかい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/47406881

この記事へのトラックバック一覧です: 春のけはいと絵本:

« 地球が回っているって、ほんとう? | トップページ | うっかりものの まほうつかい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山