« ぼくとおにいちゃん | トップページ | 冬のおはなし会 »

2009年12月28日 (月)

冬休みです

Dscf1259_2
Dscf1261
Dscf1262_2



 明日から会留府も年末、年始のおやすみ、冬休みです。今日は店を開けながら簡単な掃除をしました。それから取次ぎへの支払いを済ませてやれやれでした。8月が決算なのでそのとき大掛かりの掃除はしますが、棚の上などの高い所にたまったほこりなど、私は背が低いのでいすにのっても届かず、人まかせになります。エアコンの掃除などは30日にすることにしました。
今年は穏やかなお天気の年末です。しばらくお天気が続いていたので咳きがでるのではないかと心配しましたが、昨夜良い雨が降りました。朝千葉高校を歩いて来ると木の芽がずいぶん大きくなっているのに気がつきました。「こぶし」「さくら」そして、「うめ」あと3ヶ月もたたないうちに次々と花が咲きます。それまで試験があったり、卒業があったり、そして、あたらしいスタートです。


208973

「ことりのおさら」
ーちいさなかがくのともー
叶内拓哉 ぶん・しゃしん
福音館書店 本体390円

メジロが水を飲みにきています。スズメも。冬になると小鳥たちはえさも水も不自由になります。おや、スズメが突然飛び立った!どうしたの?体の大きいきかん坊のヒヨドリがやってきたからです。
ヒヨドリといえば、毎日わが家にもヒヨドリが1羽やってきて、物干竿からギャアギァギアと鳴きます。どうも去年餌を食べに来ていたヒヨドリのようです。何年か前から冬になるとパンくずと果物を籠に入れて木に吊るしていました。なぜか今年の1月、カラスがくるようになって、それまで来ていた小鳥たちが追われるようになったので、餌をやるのは止めてしまいました。その名残のヒヨドリのようです。年越しには寒波がやってくるとか、この絵本をみて水飲み場を作ろうかと思いました。この冬休みの楽しみができました。

« ぼくとおにいちゃん | トップページ | 冬のおはなし会 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/47140035

この記事へのトラックバック一覧です: 冬休みです:

« ぼくとおにいちゃん | トップページ | 冬のおはなし会 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山