« クリスマスのものがたり | トップページ | ブルンディバールーセンダックの新刊 »

2009年12月 4日 (金)

海からのおたより 2009年12月

      タイワンシジミ大量発生

2009_008
2009_005_2


  先日、稲毛の公園で外来種のタイワンシジミが大量発生したことを某テレビ番組で放送していました。どんぐり一家もさっそく現地を訪れてみました。
 貝が大量発生した場所は公園内の池から流れる水路の一角でした。水路をのぞいている人がいたのですぐにわかりました。底にすき間がないほどびっしりと貝がいました。在来種のシジミでは考えられないほどの密度です。八千代からテレビを見てきたという方は、「5月くらいはもう少し下流にいたよ」と話してくれました。しかしその場所には貝がたくさんいたという痕跡はありませんでした。タイワンシジミが来た経路も大量発生した理由も専門家でも不明ということです。貝なので当然食べられますが味は落ちるそうです。

Photo
Photo_2


 シジミの種類を簡単に見わける方法はありません。小さくて緑色がかったものがタイワンシジミだと思っていましたが、稲毛で見つけたものは殻の長さが3.5センチもあり、真っ黒でした。やっかいなことにタイワンシジミはいろいろなタイプがあるようです。食用として国産のシジミとタイワンシジミを混ぜて売られたりもしていますから激安品には要注意です。繁殖力が強く、在来種であるマシジミと交雑し、やがて駆逐するのではないかといわれています。
タイワンシジミに限らず生きものの移入にはもっと慎重になるべきです。
  《参考文献》日本産淡水貝類図鑑 増田 修・内山りゅう (株)ピーシーズ

     どんぐりつうしん変集長 谷口優子

 

« クリスマスのものがたり | トップページ | ブルンディバールーセンダックの新刊 »

自然」カテゴリの記事

コメント

私もテレビを見せていたたせきましたが、映像を見て一番最初に考えたのは、よく周辺の人が採っていかないなぁということでした。だってあれだけの量のシジミでも、採り放題だったら、いくら味が落ちるとはいえ、あっという間に採りつくされてしまいそうですものね。以前も稲毛の浜では、アサリの種を蒔いたところ、業者が大量に採取していった、なんてこともありましたし・・・。それにしても、あれだけの量が自然繁殖するなんて、ちょっと鳥肌ものでした・・・。

「公園内では生き物の採取が禁止されています」という放送が繰り返されていたのと泥が底にたまっていてとてもきれいとは思えない場所だからじゃないかしら。
海の水が逆流してくるのか、水路には見たこともない(たぶん外来種)フジツボがついていました。
いなげの浜のアサリはそういうこともあったんですね。最近はアサリの殻もあまり落ちていませんよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/46937133

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2009年12月:

« クリスマスのものがたり | トップページ | ブルンディバールーセンダックの新刊 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山