« 傷はぜったい消毒するなーその2 | トップページ | ちば海辺の環境講座 »

2009年11月 8日 (日)

海からのおたより 2009年11月

  大型クラゲ千葉に現る!

Photo
  
九十九里浜に行ってきました。浜を歩いていると何かが打ちあがっていました。近寄ってみると最近話題になっている大きなエチゼンクラゲでした。かさは直径1メートルほどあってまだ生きています。かさは意外とざらざらしていて丈夫そうでかたさはナタデココのようでした。太いあしは寒天のようでちぎれやすく、かさよりも水っぽい印象です。クラゲは浜のあちらこちらに打ちあがっていて小さいものはかさが直径30センチほどのものもありました。
 エチゼンクラゲは1921年に福井県の定置網にかかったものを東京帝国大学の岸上博士に送って新種と確認されました。ビゼンクラゲ(備前水母)に似ていたことから採集地の越前にちなんでエチゼンクラゲNenopilema Nomurai(KISHINOUYE)と名づけられ、学名は当時の福井県水産試験所長の野村氏に献名されました。日本海側の漁業に大きな被害を出していることから福井県では「越前」のイメージが悪いので「大型クラゲ」と呼ぶように呼びかけていますが定着はしていません。
 中国・渤海あたりで発生したクラゲは海流に乗って北上し、津軽海峡をまわって太平洋を南下して今年は遠州灘あたりまで押し寄せているようですが、その数は280万匹ともいわれています。こんなに大きなクラゲですが浮遊生物なのでプランクトンのなかまになります。

   どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 傷はぜったい消毒するなーその2 | トップページ | ちば海辺の環境講座 »

自然」カテゴリの記事

コメント

今年はエチゼンクラゲの当たり年のようで、あちらこちらで漂着の話がでていますね。私の地元でも、4年ぶりに目にしました。最初は大騒ぎになりましたが、上手な利用法が少しずつ見つかりつつあるようで、人間の叡智の偉大さを感じます。
今日はエチゼンクラゲではなく、イボクラゲが打ち上げられていました。こちらはかなり珍しいと思います。

鎌倉にも流れてきたのですね。

銚子で漁船の網にかかったクラゲが重すぎて船が転覆するという事故がありました。これは衝撃的でした。
いきものに無駄なものはないはず。うまく利用すればそれも大切な資源ですよね。新商品開発のニュースは楽しみです。

イボクラゲは見たことがありません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/46710454

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2009年11月:

« 傷はぜったい消毒するなーその2 | トップページ | ちば海辺の環境講座 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山