ウェブページ

お休みと営業

  • 6月
    *お休み(各月曜日)4日・11日・18日・25日 *臨時があります 10日(日曜日) *開いている時間 いつも10:30〜6:00    日曜日 1:00〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =6月の予定=    *学ぼう語ろう〜11日10:00〜私が10歳の頃  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 14日  (木)7:00〜読書会「アルタイドにささぐ」  金子薫・著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 21日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 20日 (水)7:00〜読書会「10代からの情報キャッチボール入門 岩波書店刊(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラスのプラス 26日(火)  7:00〜働き方とは?  お話 千葉県若手弁護士の会の舩澤弁護士をかこんで お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 15日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。どんな絵本を読もうか?!ゲスト編集者ほそえさちよさんと 非会員1000円                                                                                                                         

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *お休み 4日・11日・18日・25日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00 *臨時のお休み 10日(日)
無料ブログはココログ

« 愛蔵版 みどりのゆび | トップページ | チュウチュウ通りのゆかいななかまたち »

2009年9月13日 (日)

甲斐信枝の世界

208103
20833

「小さな生きものたちの不思議なくらし」
甲斐信枝 
福音館書店 本体1400円

 福音館書店の月刊誌には折り込みふろくがつきます。著者の小文が載っていておとなはそれが楽しみです。ハードカバーの絵本になるとそれがなくなって、書籍になっていつでも手に入るのはうれしいのですが、いつもちょっと残念です。だから、この本のようにまとめて1冊の本になり、あらためて読むことができ、嬉しくなりました。
 「かがくのとも」などだけでなく、また福音館書店以外の出版社からだされたものも含めて、30冊の作品に描かれた、自然のなかの小さな生きものたちの息づかいが聞こえてきます。私たちはいつも自然がなくなったと嘆きますが、すぐそこの足下にはしっかりと生きています。なくなったわけではなく、毎日ガサガサと暮らしていると、いつのまにか見えなくなっているだけなのです。
 作者は書いています。人の心を扱う物語絵本だけでなく、自然をテーマにする科学絵本、両方で心を耕して欲しい、それで、はじめて豊かな心が育っていくのではないか、その作者の思いが本の中に宝石のように輝いています。
 この本のなかにでてくるけれど、しばらく手に入らなかったものが6冊が限定出版されました。「ぼくはたね」「こがねぐも」「みのむし」「ひがんばな」「きゃべつばたけのいちにち」「あしながばち」これを機会にあわせて自然を読んでみましょう。
Dscf1162
Dscf1165



 ところでこの写真は?左ははじめてみた「コブシ」の木の実、木についているときはピンク色で、風にユラユラと揺れているのもきれいです。右はこの頃夜になるとわが家の壁に姿を見せる「ヤモリ」、見つけると大急ぎで走っていってしまいます。秋は短く、あっという間に寒くなります。

« 愛蔵版 みどりのゆび | トップページ | チュウチュウ通りのゆかいななかまたち »

絵本」カテゴリの記事

コメント

「キャベツばたけのいちにち」どうしても 購入したいのですが
方法が見つかりません。私は孫に良い本を探して 与えております。 この中で どうしても 手に入らない一冊がこの本です。
私自身 も欲しいと思ってます。孫と私がそれぞれ持っていたら 沖縄にいる孫と宮城にいるばあばと 会話が増えるでしょうね。
福音館書店さん 発行して下さい。お待ちしております。

こんばんは。コメントありがとうございました。この本の元は月刊誌でそれが全部ハード版になるわけではありません。生まれてきた子どものたちにとってはいつも接した時が新刊なので、書籍にしてほしいと思う本があります。出版するかしないかはこの場合福音館さんが判断できます。おっしゃるとおり福音館さんいかがですか?
また、ご希望をせっせとだされると願いがかなうかもしれません。
(後は中古をさがされるしかありません。)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/46204349

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐信枝の世界:

« 愛蔵版 みどりのゆび | トップページ | チュウチュウ通りのゆかいななかまたち »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Jpg
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo