« 天然の浜ー慶良間諸島・座間味島 | トップページ | 甲斐信枝の世界 »

2009年9月12日 (土)

愛蔵版 みどりのゆび

Photo
Photo_2

「愛蔵版 みどりのゆび」
モーリス・ドリュオン作
ジャクリーヌ・デュエーム絵
安東次男 訳
岩波書店 本体2600円

 時々岩波書店はクロス製のとてもきれいな本を出します。この本も美しい本です。その時は箱入りがあまりムダに思いません。「星の王子さま」と同じように若いファンがいます。私はおとなになって読んだのですが、やはり印象の深い本の一冊です。
 ある国にチトという小さな男の子がいました。チトについてはこんなふうに描かれています。髪の毛は金色で先っちょはカールしている、目は大きくて青い、ほおはつやつやとバラいろをしていてかわいいぼうやです。それだけでなくチトには不思議な力がありました。おやゆびを押し付けるとみどりの草花が伸び花が咲きます。でも、教室ではぼんやりとしていて、居眠りをするしまつです。先生はチトは普通の子どもでないので教育が出来ないといいます。チトの両親は大金持ち、なんといっても大砲をつくっているのです。チトは学校へ行かないで実学的な教育を受けることになりました。そして、ムスターシュという庭師が教育係になりました。ムスターシュはチトの特殊な隠れた才能を見つけます。チトは<みどりのゆび>をもっていたのです。大砲の中に親指をつっこむとタマがでないで花が咲いたのです。
 とても印象的な物語ですが、私はじつは最後の<チトは天使でした>ですこし肩すかしをくったようにがっかりしました。とても哀しく思ったのを覚えています。この物語の静かな詩的な文をとおして、まだ見たことのないフランスに憧れました。「みどりのゆび」をもっていたらいいなぁと憧れました。世の中は1960年〜70年ベトナム反戦や安保反対運動で大きく動いていた時代でした。

« 天然の浜ー慶良間諸島・座間味島 | トップページ | 甲斐信枝の世界 »

児童書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/46193205

この記事へのトラックバック一覧です: 愛蔵版 みどりのゆび:

« 天然の浜ー慶良間諸島・座間味島 | トップページ | 甲斐信枝の世界 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山