ウェブページ

お休みと営業

  • 6月
    *お休み(各月曜日)4日・11日・18日・25日 *臨時があります 10日(日曜日) *開いている時間 いつも10:30〜6:00    日曜日 1:00〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =6月の予定=    *学ぼう語ろう〜11日10:00〜私が10歳の頃  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 14日  (木)7:00〜読書会「アルタイドにささぐ」  金子薫・著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 21日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 20日 (水)7:00〜読書会「10代からの情報キャッチボール入門 岩波書店刊(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラスのプラス 26日(火)  7:00〜働き方とは?  お話 千葉県若手弁護士の会の舩澤弁護士をかこんで お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 15日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。どんな絵本を読もうか?!ゲスト編集者ほそえさちよさんと 非会員1000円                                                                                                                         

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *お休み 4日・11日・18日・25日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00 *臨時のお休み 10日(日)
無料ブログはココログ

« Eggs夜明けなんて見たくない | トップページ | 夏の冒険 »

2009年8月22日 (土)

海からのおたより-2009年8月

    寒川神社の御浜下り

 街角で寒川神社のお祭りのポスターを見つけました。今年も20日にお神輿が海に入る「御浜下り」が行われることを知って見に行きました。
 寒川神社は旧千葉郡寒川村に古くからある海の神様です。寒川港は佐倉藩の年貢米を江戸に送るための御用港として、またハマグリなどの漁業で栄えた港でした。寒川の沖を通る船は帆を半ばまで下ろし「礼帆(れいはん)」といって敬い、馬で神社の前を通行するものは馬を下り「下馬の礼」をとったと伝えられています。白砂青松の出洲海岸にお神輿が下りるさまは漁師町・寒川の誇りだったそうですが戦後、海岸はすっかり埋め立てられてしまいました。現在はいちばん近くの浜である千葉ポートパークまでお神輿を車で運んで御浜下りをします。今年は御浜下り復活10周年、千葉市の無形文化財に登録されました。
 千葉ポートパークはふだんから自然観察やゴミ拾いでたびたび訪れているところですがこの日はお神輿の担ぎ手や観客でいつもとはかなり雰囲気が違っていました。夕方6時、すでにお神輿は海岸に到着しており、海岸には笹で囲った舞台が作られ、巫女の「豊栄の舞」・「浦安の舞」が奉納されていました。

 2009_004_2
2009_011_2

 舞の間にあたりはだんだん日が暮れて暗くなっていきます。寒川船業協同組合の紅白の餅投げのあといよいよ御浜下りです。担ぎ手が手締めをして海に向かいます。この手締めがちょっと変わっていて普通の三本締めではなくて「シャンシャンシャン、シャシャシャン、シャン・シャン」これを3回繰り返します。

 2009_016
2009_018


 
 (寒川神社HPによると「寒川〆」というそうです。)あたりはすっかり暗くなりました。以前見たとき(8年前)は膝ほどの深さまでしか海に入りませんでしたが今年は胸のあたりまで海に入り高くお神輿をかかげていたので勇壮で見ごたえがありました。派手なお祭りではありませんが古くから寒川の海を見守ってきた神様を大切にしていきたいと思いました。涼しい風が心地よく、秋の気配を感じました。千葉は妙見祭り(だらだらまつり)、登渡神社のお祭りとお祭りが続きます。
 
      どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« Eggs夜明けなんて見たくない | トップページ | 夏の冒険 »

自然」カテゴリの記事

コメント

私のところでも「渡御」といって御神輿が海へ入るお祭りがあります。あちこちに似たようなお祭りがあるようですが、神様が乗る「輿」で海の神様をお迎えしたりお送りしたりということなのでしょうね。
こういう伝統的なお祭りは、いつまでも後世に伝えてほしいものですね。

zaimokuzaさま
おひさしぶりです。PCは良くなったのですね。
お祭りというとなにか観光的で現代的になってしまい、伝統的なお祭りが少なくなってしまったように思います。
とくに「海の民」でもある日本はもっと海と繋がりがあったような気がしますが。

紀伊、伊豆、神奈川には千葉と共通する地名があります。黒潮に乗ってやってきた海からの民が住んでいたのでしょうか。白浜、布良、寒川、登戸・・・・千葉の海は埋め立てられてどんどん遠くなってしまいました。ふだんは味気ない人工の浜もお祭りのときはとても厳粛な雰囲気が漂っていて心洗われるような気がしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/45999855

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより-2009年8月:

« Eggs夜明けなんて見たくない | トップページ | 夏の冒険 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Jpg
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_5
  • Photo_4
  • Photo