募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« 夏がきた | トップページ | ネコのホームズ »

2009年7月27日 (月)

海からのおたより2009年7月その2

  
最近の千葉ポートパーク・エゾカサネカンザシその後
 〜(写真はクリックするとようすが良くわかります。)〜
2009


 今年の春、護岸にびっしりとついていたエゾカサネカンザシ(海からのおたより2009年3月)ですが、23日に観察したところ、ほぼ死滅していました。ゴカイの真っ白な石灰質の管が黒く変色してヘドロがついていました。先月あたりからエゾカサネカンザシの上にびっしりと二枚貝のムラサキイガイが着き、その上を肉食の巻貝のイボニシが襲っているという光景にかわっています。

2009_012
2009_011
2009_017




 あんなに大量についていたエゾカサネカンザシはどうして死んでしまったのでしょう。原因はよくわかりません。案外寿命が短いいきものなのかもしれません。ムラサキイガイはムール貝・カラスガイと呼ばれているヨーロッパ原産の貝です。一時より数が減りましたが今度は大発生しました。ゴカイの管の上という不安定な場所にいるので一部貝の塊が崩れてしまっています。イボニシは10年ほど前まで船底にフジツボなどの付着物を除去するために使用されていた有機スズの化合物(内分泌かく乱物質・環境ホルモンの影響によるとみられるインポセックス)で激減していました。しかし使用が禁止になってから、特にここ数年は急に増えています。卵がたくさん生みつけられていたのです。この貝がこれからますますふえるのではないかと思います。(写真は左から「エゾカサネカンザシ09.7.23」「エゾカサネカンザシとムラサキイガイ」「イボニシ・黄色いつぶつぶは卵」)
 人工の小さな干潟ですが短い間にも環境はとても大きく変化する場所です。
 赤潮が出ていたのに水遊びをする親子がいてちょっと気の毒になりました。

     どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 夏がきた | トップページ | ネコのホームズ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/45753902

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2009年7月その2:

« 夏がきた | トップページ | ネコのホームズ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ