« 平和へのかけはし | トップページ | 昔話の寓意〜『山の上の火』を現代に読む〜2 »

2009年6月11日 (木)

昔話の寓意〜『山の上の火』を現代に読む〜

    (1)『グラの木こり』を読む

 エチオピアの昔話に『グラの木こり』というのがあります。クーランダー、レスローの『「山の上の火』に入っています(岩波書店刊)

 きこりが木に登って、自分のまたがっている枝のつけねを斧で切っています。そこへ坊さんが通りかかり「そんな切り方では、落ちて死ぬぞ」と教えますが、きこりは信用しません。案の定、落ちたきこりは、地面に倒れたまま「坊さんが言った通り落ちたんだから、俺は死んだに違いない」と思います。そして村人に担がれて村へ戻る途中で、死んだきこりが、あれこれと自分の葬式の指図をするという笑い話です。同じ話はトルコの、ホジャの笑い話にもあります。
 またがってる枝のつけねを切る所からして、おかしいのですが、寓話としては分かりやすく、小さい子供も喜んで聞いてくれます。大人も子供も、自分はきこりのような馬鹿ではないと思って聞くのでしょうが、この様な事は、現実にはザラにあります。
 たとえばテレビのデジタル放送です。NHKが率先している所をみると、デジタル・ハイビジョンにこだわりがあるのでしょう。問題はアナログ放送の打切りです。テレビが見れなくなれば、NHKの受信料も払わなくなると思うのですが、それでも打切ろうとしている。二重投資はムダだというのでしょうが、そもそもNHKは、なぜデジタル設備に投資できたのか。それはアナログ放送の受信料をデジタルに注ぎ込んだからです。つまりアナログ放送の視聴者は、見もしないデジタル放送に散々投資させられ、あげくのはては、デジタル設備が完成したので、いま見ているアナログ放送は見れなくなる。
 つまり、きこり(視聴者)は自分で斧(NHKデジタル)を用意し、枝のつけね(NHKアナログ)を切って、きこり(視聴者)・斧(NHK)もろとも、地面にたたき付けられようと、しています。
 私達がグラのきこりより賢いのなら、またがっている向きを変え(方向転換し)、またがれるだけの枝のつけね(デジタル放送)は、残さねばなりません。
 ーあすにつづくー       高橋峰夫

« 平和へのかけはし | トップページ | 昔話の寓意〜『山の上の火』を現代に読む〜2 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/45309734

この記事へのトラックバック一覧です: 昔話の寓意〜『山の上の火』を現代に読む〜:

« 平和へのかけはし | トップページ | 昔話の寓意〜『山の上の火』を現代に読む〜2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山