« ピアノは夢をみる | トップページ | 海からのおたより2009年6月 »

2009年6月24日 (水)

この世界の片隅に

Htbookcoverimage2

Htbookcoverimage1

Htbookcoverimage







「この世界の片隅に」上・中・下
 ACTION COMICS
こうの史代
双葉社 本体各648円

 北朝鮮をめぐってまた、核の問題が連日ニュースで伝えられています。けれど、ほんとにちょっとでしかとりあげられていません。そして、あっちこっちの戦いもおわりそうもありません。核実験をする、なんのために、だれが、どこで、いつ・・・一方私はわずかばかりに入ってくるニュースを聞き流している、もっと緊張して、そしてともかく否!といわなければなりません。言い訳なしです。特例なしです。ともかく言い続けなければいけません。
 「夕凪の街 桜の園」で世代を超えて原爆の悲劇を現代につなげて静かに描いた作者の、漫画アクションに連載していた作品が3巻にまとめられ出版されました。(4月に下巻がでました。)
 広島で育ったすずが呉に嫁ぎ、爆撃で片腕を無くしてしまう、穏やかで楽天的なすずと家族、まわりの人たちの戦争下の生活の物語です。物語は嫁ぐ前のすず、絵を描くのが好きで天真爛漫な少女が夫になる周作と出会うところからはじまります。そして、昭和18年12月周作が結婚の申し込みにくるところから昭和20年9月原爆の落ちた広島に家族を捜しに行ったものの、父は死んで母は6日にでかけたまま帰ってこない、妹は原爆症でねている、周作と浮浪児の女の子をつれて呉で暮らしはじめるところまで描かれています。表題どおり「世界の片隅に」営まれる家族の物語です。
 作者はあとがきにこんなことを書いています。「私は死んだことがないので、死が最悪の不幸かわからない。他者になったこともないので、すべての命の尊さや素晴らしさも厳密にはわからないままかもしれない」それで「この作品では、戦時の生活がだらだら続くように書きました」「そこにいつも転がっていたはずの誰かの生の悲しみやきらめきを知ろうとしました」最後にたくさんの資料が載っています。この物語の中には戦争と背中あわせの庶民の日常の生活がとても細かく描かれています。
 作者はこの物語を描き続けられたのは奇跡といいます。でも、いま、ここにこうしていられる私たちの生も奇跡なのではないかと時々思います。
 

« ピアノは夢をみる | トップページ | 海からのおたより2009年6月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/45443754

この記事へのトラックバック一覧です: この世界の片隅に:

« ピアノは夢をみる | トップページ | 海からのおたより2009年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山