« この世界の片隅に | トップページ | エンザロ村のかまど »

2009年6月25日 (木)

海からのおたより2009年6月

      ー 持ち込まれた貝ー

 梅雨の晴れ間、千葉ポートパークを歩いてきました。潮が満ちてきた波打ち際をなにかおもしろいものはないかと歩いていると見慣れない貝を見つけました。殻かな、と思っていたら生きているコタマガイでした。
2009_004
コタマガイはアサリに似ていますが平べったく、表面がアサリよりつるつるしています。本来は九十九里浜のような外海の砂浜にいる貝でポートパークのような内湾の干潟にはいない貝です。だれかが海に返してあげようとほかから持ちこんだに違いありません。ここにいてはいけない貝なので持ち帰ってきました。

2009_005
 先日は館山の海岸で外来種のホンビノスガイの生きた貝を2度ほど同じ場所で見つけました。その貝も館山にはいない貝なので持ち帰ってきました。もしかしたらこちらは小さい貝だったので売り物にならない貝を海に捨てたのかもしれません。(近くの店をのぞいてみたらホンビノスガイが売られていました。)館山湾でももしかしたらホンビノスガイはすでにすみついているのかもしれません。実際東京湾の奥の三番瀬で繁殖したホンビノスガイは東京湾の外側に向かってどんどん生息域をひろげています。
 コタマガイもホンビノスガイも貝自身は悪くはありません。「かわいそうだから海に逃がす」、のはいきものにやさしいようですが間違った行為なのです。食べないのなら持ち帰らずにそのいきものがいた場所にすぐに返してやりましょう。人の手でその場所に本来いない生物を移動させることは生態系を乱すのです。ささいなことですが「おうちにかえしてあげる」のはたいせつなことです。

   どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« この世界の片隅に | トップページ | エンザロ村のかまど »

自然」カテゴリの記事

コメント

相模湾には生活サイクルが異なるムシロガイが2グループ棲息しているそうです。
1つは昔から相模湾にいる固有種、もう1つはアサリを蒔く際に混じっていたものが定着したものではないかと。
こういう場合、時間の経過とともに1つのグループは駆逐されるそうですが、それは昔からいたほうになってしまうとか。
困ったものです。

固有種が消えてしまうのはなぜでしょうか。生物の世界も人の世も共存することなくやがて駆逐されてしまう「昔からのもの」。
常にいきものは「強さと勢い」がないと生き残れないなあとインフルエンザをみて思うのでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/45451924

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2009年6月:

« この世界の片隅に | トップページ | エンザロ村のかまど »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

11月の営業とお休み

  • 11月のお休み
    *お休み 3日(臨時)・6日(月)・13日(月)20日(月)27日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)10日(金)7:00〜 「おもちゃと子ども」おもちゃカフェサンタ・西宮さんを囲んで話を聞く          *Y・Aの会 読書会(どなたでも)9日7:00〜 「とりあげる本 紙の動物園」        *学ぼう語ろう〜13日10:00〜「母の友10月号を読む・子どもの貧困とは(どなたでも)   *絵本の会 今年のクリスマスの絵本をみよう 17日7:00〜(誰でも)         *グループ放課後 読書会「くまのあたりまえ」(公共図書館司書・その他)15日(水)7:00〜            *ボランティア講座 非公開 20日(月)10:00〜       *憲法カフェ28日(火)「沖縄は今」レポーター沖縄在住石坂さん 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)       *羊毛チクチクの会30日(木)10:30〜クリスマスの飾り(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山