« 気まぐれ少女と家出イヌ | トップページ | The Book of Everything »

2009年1月29日 (木)

海からのおたより 2009年1月-2

 丑年の貝・もーもー

 2009_003
 


 31日まで県立中央博物館で干支の丑年にちなんだ貝が展示されています。
「もーもー」と沖縄の古い呼び名があるタカラガイのなかまはコレクターがもっとも熱心に集める種類です。丸い形から牛を連想したのでしょうか。千葉では“牛”ではなく、“猫”で「ねこじゃ」、「ねこがい」と呼ばれています。古代中国・殷の時代にはキイロダカラなどがお金として使われていました。今回の展示にあるハワイホシダカラは日本近海にすんでいるホシダカラにくらべて非常に大きくなります。コレクターには人気があるタカラガイですが、不思議なことに貝を知らない人にとってはあまり人気がありません。貝らしくない形をしているせいかもしれません。千葉では50種類ほどが見つかっています。英語ではタカラガイをcowryといいますが“牛”の意味ではなく、インドの神様からきているようです。
2月22日まで「中央博物館20周年のあゆみ」展が開かれています。こちらには日本三名宝と世界三名宝が並んで展示されています。陶器のようにつやつやと美しくすばらしい貝です。これだけの美貝はそうそうお目にかかれません。
「シンセイダカラ」は見つかったお礼に教会を建てた、という逸話が残っていて「神聖」というそうです。

 どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 気まぐれ少女と家出イヌ | トップページ | The Book of Everything »

自然」カテゴリの記事

コメント

しおさい博物館の池田館長が、以前十二支のうち、一つだけ貝の名前になっていないものがある、とおっしゃっていたように思うのですが、そういえば、あれは何を指していたのでしょう。ヒツジ?イヌ?

なんでしょう?羊・・・・かもしれませんね。戌はたしかコリーフデが出てました。猪はブタノツメガイ。これもだいぶ苦労された展示でした。(◎´∀`)ノ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/43890817

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより 2009年1月-2:

« 気まぐれ少女と家出イヌ | トップページ | The Book of Everything »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山