無料ブログはココログ

« ルール! | トップページ | わたしたちはなにからできているの? »

2009年1月22日 (木)

海からのおたより-2009年1月

  展示「里海の今」
 1月22日〜24日、「展示 里山・里海の今」が千葉市の“きぼーる”で開催されています。わが家は環境省こどもエコクラブ「どんぐりクラブ」として海の展示に参加しています。
 今回の展示のメインはJEAN クリーンアップ全国事務局の「漂着物のトランクミュージアム」です。JEANは海のゴミのデータをとり、ゴミの正体を知りさらにゴミを出さない暮らしを呼びかけている団体です。この展示は旅行カバン6つに海の漂着物を入れて全国各地を巡回しています。非常にコンパクト
ながら海のゴミを考えるすばらしい展示です。

2009_001


2009_003


2009_004



 ゴミの展示の裏側には「どんぐりクラブ」で集めた千葉県内の海辺のスナップ写真と貝を中心にした漂着物をならべました。来ていただいた方たちに実際に手にとってたのしんでもらおうと企画しました。
 初日は雨で肌寒かったので来場者は少なめでしたが、熱心に展示を見てくださる方が何人もおられ非常にうれしかったです。この“きぼーる”から海へは3キロほどですが千葉市ポートパークは「里海」ではありません。海に近いようで遠いなあ、と感じました。この展示で少しでも「里海」を感じていただけたら幸いです。「えるふ通信」バックナンバーも展示させてもらいました。「海からのおたより」届くでしょうか。
        
 どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« ルール! | トップページ | わたしたちはなにからできているの? »

自然」カテゴリの記事

コメント

最近は、漂着ゴミの問題も浸透してきて、こちらではビーチクリーンの取り組みが少しずつ広がっているように感じています。
そうした動きの陰には、JEANのような団体の地道な活動があるのでしょうね。
どんぐりクラブの展示も、ぜひ見てみたいですね~。

きょうはJEANの方からお話をうかがいました。最近の漂着ゴミのお話しなどとても参考になりました。

3日間会場にいましたが、今は工業地帯になってしまった浜の思い出を語ってくれた年配の方、ふるさとの海の貝と比べていた若いおかあさん、貝の名前を調べに来た検見川の方などいろいろな出会いがありました。また里山保護の活動をされている方とも知り合いになりとても勉強になりました。

わたしは「かもめのクリーン隊」という海岸清掃のグループにも参加しています。今月30日に千葉ポートパークで10時から活動がありますのでご興味のある方はぜひ当日いらしてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/43822950

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより-2009年1月:

« ルール! | トップページ | わたしたちはなにからできているの? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

9月の営業とお休み

  • 9月のお休み
    *お休み 4日(月)・11日(月)・18日(月)25日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)8日(金)7:00〜  「紙芝居をしてみよう」       *Y・Aの会 読書会(どなたで も)14日7:00〜 「とりあげ る本 ペンギンハイウェー」    *絵本の会 「大人に絵本を」  15日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他」20日7:00〜                *ボランティア講座座 25日(月)10:00〜                *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法」9月20日(水)7:00〜                *羊毛チクチクの会 21日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山