« キャンプで、おおあわて | トップページ | ガタゴトシュットン なんのおと? »

2008年10月 1日 (水)

海からのおたより-2008年10月

椰子の実、みつけた

 20089_015

 人がまばらになった館山で子どもたちが海岸に漂着した椰子の実を見つけてきました。いったいどこから流れてきたのでしょうか?かなり長い旅をしてきたようです。家に持ち帰って椰子の実を振ってみるとちゃぷちゃぷと実の中で水が揺れる音がします。

「すきまから海の水がはいっちゃったのかな?」
「ちがうよ。若い椰子の実できっとジュースがはいっているんだよ。」
「実の中ってことは空気にふれていないから、もしかしたらくさっていないかもしれないよ」
「じゃあ飲めるのかな?」
「まずいんだよね。」
「このままにしておいたら椰子の芽がでてくるかも・・・・?」
「おかあさんって夢があるね。」

このあいだ房総沖をかすめていった台風の置き土産なのかもしれません。台湾
にまた�次の台風がきています。

   どんぐりつうしん 谷口優子

« キャンプで、おおあわて | トップページ | ガタゴトシュットン なんのおと? »

自然」カテゴリの記事

コメント

椰子の実を始め、モダマ、モモタマナ、シナアブラギリなどの南方系の種子の漂着は、ロマンを感じますね。「名も知らぬ遠き島より」と歌に歌った気持ちがよく分かります。

次男が日直でクラスのみんなのまえで椰子の実をひろった話をしたそうです。
「すげー」と声が上がったとか(笑)
時代は変わっても南の島に思いをはせる気持ちはかわりませんね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/42650577

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより-2008年10月:

« キャンプで、おおあわて | トップページ | ガタゴトシュットン なんのおと? »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山