« もうすぐ秋 | トップページ | 小さな人の冒険物語 »

2008年9月11日 (木)

海からのおたより2008年9月

 青潮のおはなし

2008_177
2008_174
2008_179



 8月23日、自由研究で使うための貝を採集しに千葉ポートパークに行きました。
前の日から千葉港の沖に青潮が発生していると新聞にあったのでそのようすも見たかったのです。
海辺は硫黄のにおいがただよい、海の水はあたかもブルーハワイにミルクを溶いたように明るい青色に変わっていました。岸近くには30〜40センチもあるボラの群れが押し寄せ口をぱくぱくしています。とぐろを巻くようにハゼは大群となって浅瀬にきています。魚をつかまえようとカモメなどの海鳥たちがたくさん集まってきていました。子どもたちは海に飛び込んで魚をつかまえだしました。青潮は海が酸欠状態になっているだけなので海水や魚には毒がありません。あっという間に手持ちのレジ袋がいっぱいになりました。コンクリートの護岸にはおびただしい数のカニがへばりついていました。海の水からわれ先に逃れようとなかまの上に折り重なり、そのカニのかたまりがぼろっと水に落ちていきます。海底には死んだカニがうらがえっていました。さながら地獄を見るようで�す。母なる海が死の水と化したら逃げられない動物たちはどうなるのでしょう。これは大変なことになったと思いながらその日は帰りました。採ってきたハゼとボラは夕食になりました。

その翌日、ポートパークに寄ってみました。なんと一夜にして青潮がほとんど消えていました。まだ硫黄のにおいはしていましたが一面変色していた海はまだらになっています。魚の大群は去り、小魚がたくさん打ち上げられていました。スズキ、クロダイ、シマイサキ、ギマ、コチ・・・・こんな人工の浜にもずいぶんいろいろな種類の魚がいるものだとおどろきました。薄い殻をしたシオフキが水に浮いていました。貝などもだいぶ被害を受けたものと思われます。
稲毛海岸では座布団のような大きなアカエイがいくつも打ちあがっていたそうです。打ち上げられた魚には腐肉を食べるアラムシロという貝が群がっていました。これもまた自然の一コマです。
毎年秋の初めに発生する青潮。気温と風向きが影響するそうですが身近な海で起こっていることをたくさんの人に知ってもらいたいと思いました。

     どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« もうすぐ秋 | トップページ | 小さな人の冒険物語 »

自然」カテゴリの記事

コメント

高校生の頃は、よく検見川浜のあたりでボラやセイゴ・フッコを釣りました。サヨリなんかがよくつれた年もありましたっけ。
稲毛海岸のあたりは、以前からよくアカエイが打ち上げられていたようですね。
父が採ってきて、煮付けにして食べたこともあります。
うっかり尻尾のトゲにさされて、救急車のお世話になっている人もいたので、アカエイを見たら要注意ですね。

検見川でサヨリが釣れるのですか!

こんど青潮が出たら(不謹慎だけど)稲毛にいってみようかしら。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/42446732

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより2008年9月:

« もうすぐ秋 | トップページ | 小さな人の冒険物語 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山