募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« 「折り返し点1997〜2008」2 | トップページ | あの戦争から遠く離れて »

2008年8月11日 (月)

暑いけれど元気!

 昨日はほんの少し気温がさがったみたいだけれど、今日はまた、暑い!電車が混んでいそうなので、今年は少し早めにお墓参りをすることにしている。
 今日は大原へ。朝早くでたけれど日中は暑い。いつものように普通電車に乗ってのんびりと。早い時間だったためか電車は混んだ。外房なので泳ぐ人より若い人たちのサファーが多くにぎやかだ。
 天徳寺はあいかわらず、後の山を整備しているので、時折チェンソーの音がするけれどそれ以外は自然の声だけだ。
Dscf0778

Dscf0777

Dscf0774




 ヤマボウシにかわいい実が成っていて、ちょっと横をみたら蝉の抜け殻、そして、その上には蝉が葉の陰で休んでいた。たぶん羽化したのはよいけどあまりに暑いのでそのままお休みというのだろう。下の地面ではバッタがこれもまた、じっとしていた。トンボが元気に飛び回っていたが、残念ながらカメラにはいらず、写真は撮れなかった。シオカラトンボとムギワラトンボ、ムギワラトンボは今年はじめてだ。自然は元気だ。雨が降らないので地面はカラカラなので、帰りに仏に雨をお願いしてきた。
 ここ何日か戦争についての少し重いテーマの本を読んでいる。自然の中でその内容を考えていたら、ちょっと頭がぼっとしてしまった。住職と少しの時間話をして帰路に。

« 「折り返し点1997〜2008」2 | トップページ | あの戦争から遠く離れて »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/42138732

この記事へのトラックバック一覧です: 暑いけれど元気!:

« 「折り返し点1997〜2008」2 | トップページ | あの戦争から遠く離れて »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ