お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 宮崎駿「折り返し点1997〜2008」       | トップページ | 暑いけれど元気! »

2008年8月10日 (日)

「折り返し点1997〜2008」2

0223940

 これが、日本のあちこちで見られる「目的と手段の取り違え」につながると私は思います。特に政治・行政に多い。「手段の目的化」とも言うべきこの現象は、私の仕事に関しても『教育の人件費を削減しなければならない。そのためには用務員を減らさなければならない。用務員を減らすためなら、どんなに金がかかってもいい』となります。私達が民間委託のほうが高くつくと証明してもムダなのです。わかりやすい例だと『タバコの税収・売上を増やさなければならない、そのためにはタバコを値上げしなければならない。値上げで売上が減ってもやむを得ない』となります。
 日本の首相が『税収が伸びない、緊縮財政をする、税収が減ってでも緊縮財政をする』という考え方なのです。もちろん外国でも「手段の目的化」はあります。でもその場合、手段の裏に本当の目的が隠されている事が多い。つまり計算高い、実利的なのです。日本はそうではない。行動としては「破滅型」とも言うべきこの考え方に、なぜみんな異を唱えないのか、どこからこの考えがくるのか不思議でしたが、この本を読んで腑に落ちました。
 なおこの「破滅型」は、秋葉原の通り魔のような「破滅型」行動とは違います。行政としては「破滅型」の行動でも、役人は破滅しません。我が身の破滅につながらないから「無謬性」を主張できるのです。ちなみに、秋葉原のような「破滅型」犯罪が起きると、すぐ教育が悪い、モラルが無いと言いますが、教育やモラルでは犯罪は防げません。「破滅型」犯罪の唯一の抑止力は「今の(今から得られる)生活を壊したくない」という思いだけなのです。人の行動は経済的条件に規制されます。守るべき生活が無ければ、犯罪を躊躇しません。
 唯物史観では、これを「下部構造が上部構造を支配する」といいます。東洋ではもっとわかりやすく「恒産なければ恒心なし」といいます。権力者の場合は、これが逆に「疑獄型」犯罪の動機になるのですが、本稿の趣旨からそれるのでやめます。
 とにかく宮崎駿の「マンガ的思考への危惧」は、本人の体験から来ています。物語の原体験は手塚治虫だとし、そこから逃げるためにジタバタし、アニメを「作る側」に回ったら、否応なく、現実的にやらなければいけない。そこから手塚への厳しい見方も出てくる。 181頁「手塚さんの中にある通俗文化のある種の少女像とか性的な未熟さとかも…それが現在の(アニメ少年達の好む)美少女キャラのお人形さんごっこに繋がっているんです」とにかく刺激的な弁解の本です。  
   (高橋峰夫)

« 宮崎駿「折り返し点1997〜2008」       | トップページ | 暑いけれど元気! »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/42127235

この記事へのトラックバック一覧です: 「折り返し点1997〜2008」2:

« 宮崎駿「折り返し点1997〜2008」       | トップページ | 暑いけれど元気! »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo