« 秘密の島のニム | トップページ | 新装版 雷の落ちない村 »

2008年7月23日 (水)

海からのおたより・番外編

海からのおたより 2008年8�月番外編〜都川からのおたより

Imgp2095

都川は千葉市内を東西に流れるちいさな川です。県庁の脇を通って千葉港に注ぐ、はっきりいってあまりきれいな川ではありません。その上流の若葉区多部田橋付近でちば環境情報センター主催の川遊びに参加してきました。平和公園近くの田んぼの広がる景色は千葉市内とは思えないようなのどかさです。
Imgp2081
Imgp2053
Imgp2077




  川遊びといっても実際は川のいきものの観察会なのでおとなの膝くらいまでの水につかりながら、アシの根元から魚などをたも網に追い込みます。するとアメリカザリガニ、モツゴ、ホトケドジョウ、コイ、オハグロトンボ、ヒメゲンゴロウ、コオイムシなど意外にたくさんのいきものが入りました。この川は誉田町の家庭排水が源でこのあたりでは湧き水が出るので水量が豊富で水もきれいだそうです。
つかまえた魚などを少し持ち帰って観察してほしい、と講師の先生からお話があったので息子たちはそれぞれメダカを数匹持ち�帰りました。メダカはむかしはごくあたりまえに田んぼや小川にいましたがいまや千葉県でも絶滅危惧種としてリストに載っています。
どうしてメダカが減ったのでしょう。ここで意外なおはなしを聞きました。水質は以前よりも悪化し、川遊びをはじめた13年ほど前よりもいきものの数が減っているそうです。農薬や生活廃水の影響だけでなく、この間に大きく農法が変わったというのです。最近では稲が穂をつける直前までに田んぼから水はぬいてしまうのだそうです。すると水がなくなってメダカなどの小さな生きものは田んぼでは棲めなくなってしまいます。そういえばジャンボタニシでもいないかと田んぼを見ましたが水はありませんでした。このところよく晴れて雨が少ないせいかとそれほど気にはしなかったのですがちょっとおどろきました。
以前、加曽利貝塚のうらでメダカだと思ってカダヤシを採ってきたことがありました。外来種のカダヤシはたくさんこどもを産んでびっくりしました。スリムで尾びれに切り込みのあるメダカはたまごを産みます。カダヤシはとても繁殖力が強いそうです。水槽の中で銀色に光るちいさなメダカを見て大事に飼ってやろうと思いました。

どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 秘密の島のニム | トップページ | 新装版 雷の落ちない村 »

自然」カテゴリの記事

コメント

私が子どもの頃住んでいた佐倉市の田んぼには、当時メダカやドジョウがたくさん住んでいました。
「春の小川」の歌詞を思い出しながら、学校帰りに道草をくって、田んぼの周りで生き物を眺めながら、のんびり過ごしていた頃を思い出します。
メダカは地方の亜種が多いようで、今すんでいる鎌倉の鎌倉メダカ、お隣の藤沢メダカなどを復活、あるいは増やそうという取り組みがこちらでもおこなわれているようです。
千葉県のメダカ、元気に泳ぐ姿をまた見てみたいものです。

パソコン故障のためお返事がおそくなって申し訳ありません。
メダカも川ごとに調べるとおもしろそうですね。水槽で泳ぎの向きを変えると銀色に光る小魚たちが涼しそうに見えます。

 残念ながら最近わが家のメダカは死んでしまいました。
水草を買ってきて入れてから半日でした。ちょっと淋しいです。それにしても暑くて、ともかく雨が降らないので川の生き物はどうしていることでしょう。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41950091

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより・番外編:

« 秘密の島のニム | トップページ | 新装版 雷の落ちない村 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山