ウェブページ

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集はじまり ました。自主講座のグループ もありますが、くわしくは会 留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・              =5月の予定=    *学ぼう語ろう〜21日2:00〜きみたちはどう生きるか」を読んで  ・・・・・・・・・・・・・・・        *Y・Aの本を読む会 10日  (木)7:00〜読書会「扉守 塩の道の旅人」  光原百合著 ・・・・・・・・・・・・・・・        *羊毛チクチクの会 17日10:30  〜(事前参加申し 込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・ *グループ放課後 9日 (水)7:00〜読書会「たまたまザイールまたコンゴ 田中真知・著(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・       *憲法カフェプラス2 29日(火)  7:00〜選挙法について学ぼう・国民投票ってなんだ  お話 千葉県若手弁護士の会お茶と パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    *絵本の会 18日(金)7:00〜さあはじめよう!どんな絵本を読もうか?!                                                                                                                         

5月の営業とお休み

  • 5月のお休み
    *お休み 3日・4日・5日・7日・14日・21日・28日の各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00
無料ブログはココログ

« 「かさ」の絵本 | トップページ | 家が歌っている »

2008年6月19日 (木)

海からのおたより6月

検見川の浜で貝をさがそう

Imgp2043

 梅雨の晴れ間、千葉県立中央博物館の観察会が千葉市美浜区の検見川の浜で行われました。美浜区はすべてが埋立地で千葉ロッテマリンスタジアムのある幕張の浜、検見川の浜、いなげの浜とそれぞれ管理者が違う人工の海岸が続いています。これらの浜のおもしろいところは山砂に混じった化石や東京湾の地層から洗い出された古い貝と、最近外国などから入ってきた外来種、いわば最新の種類が拾えるのです。
梅雨の晴れ間の少し潮の引いた浜辺には潮干狩りでアサリなどを採っている人が大勢いました。わたしたちの今回の観察会は「海岸で貝をさがそう」という企画なので十数人の参加者は食べる貝ではなく、ひたすら浜辺に打ち上がった貝がらを採集します。帯のように波が残していった漂着物を見ながら歩き、気になる貝を拾ってビニール袋に入れていきます。たくさん採れる種類はなるべく状態のいいものを選び標本にするのです。貝は拾ってから標本にするまでが案外大変なのです。
�拾った貝は水道水でよく洗って乾かす。
�種類ごとに分けてチャックつきのビニール袋に入れる。
�図鑑などで名前を調べる。(同定という)
�ラベルに貝のデータを書き込む。(場所と日付は忘れずに)
今回は�はできないのでその場で名前をつけました。ここまですれば立派な貝の標本です。がんばれば40種類ほどの貝がみつかるそうです。千葉市の人工海浜では図鑑に載っていない貝も打ちあがります。近ごろ、白ハマグリという商品名で売っているホンビノスガイ、ミドリイガイ、ウスカラシオツはここ10年ほどで急に見られるようになった外来種です。

Imgp2045
(クリックしてください。青い印の貝、ミドリイガイ・ホンビノスガイが外来種です)

 これは息子と下見に行ったときに作った標本です。当日は下見では全然見つからなかった貝が拾えたりと同じところでも日によってずいぶん違うものです。今回はボランティアとして名前付けのお手伝いなどをしたのですが、人によって拾ってくる貝も違っておもしろいなと思いました。
検見川の浜の一角に記念のオブジェがあります。貝をかたどって作られていますが千葉にはいないはずの貝なのです。ちょっと笑ってしまいました。
みなさんもぜひ身近な海で貝をさがしてみてください。

どんぐりつうしん変集長 谷口優子








« 「かさ」の絵本 | トップページ | 家が歌っている »

自然」カテゴリの記事

コメント

一昨年、いなげの浜を歩いて、ホントに面白かったです。
高校生の頃は、これらの浜を毎日のように自転車で訪れていたのですが、貝拾いをするようになって見てみると、外来種に加えて、エゾタマキなど実に面白い貝が拾えるものですね。
ウチの親父は、検見川浜に塩を持っていっては、よくマテガイを採ってきていました^^

下見にいったとき、エゾタマキガイなどの化石に加えて千葉では採れない黒曜石のかけらを拾いました。長野or栃木から運んできたものでしょうか。石器時代のものかもしれないとのことです。

どんぐり変集長さんへ
昨夜の勉強会は縄文時代の人びとの生活の話を聞きました。やじりの話から黒曜石のことも話の中にでてきて、黒曜石の産地は長野や栃木だけではないようです。縄文人がどうやって手に入れて、加工して、造ったのかとても興味深いことです。もちろん、貝塚の話もありました。

指の先ほどの黒曜石ですがロマンがありますね。またどうしてわたしの元にきたのか不思議です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41579674

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより6月:

« 「かさ」の絵本 | トップページ | 家が歌っている »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo_2