« 詩集「くさはらだより」 | トップページ | 絵本のおもしろさ「みつばちみつひめ」 »

2008年5月10日 (土)

「素数ゼミの謎」のコメントsenさんへ

 お便りありがとうございます。『素数ゼミの謎』面白いですよね。分子生物学じゃなく、生態学の分野で、数学が使えるとは知りませんでした。そういえば、数学は科学ではなく、論理学だと聞いたことがあります。
 高畑勲のアニメ『おもひでぽろぽろ』で、主人公が「分数の割り算て、どういう意味?どうしてひっくり返して掛けるの?」とつぶやく場面がありました。ひっくり返して掛けるのは授業で教わるのですが、分数の割り算の意味は難しい。なかなかうまい説明がありません。
 いちばんわかりやすかったのは、数学史の先生の説明でした。「分数の割り算に意味はない。=(イコール)の左右で、加減乗除が成り立てばいい」つまり=が成り立てば、虚数のような現実にない数でもOK、これじゃ科学でなく、スポーツのルールですね。1÷0=1なら1×0=1、1÷0=0なら0×0=1で、成り立ちません。小学の時の先生の「だから0で割らないこと」の説明に、「インチキじゃないか」と子供心に思いました。
 宇宙物理学はなぜ簡単な数式に収斂できるのか?それは=(つじつま)が合わなければ、宇宙はとっくに衝突して、なくなってるからです。数学は科学ではないが、科学はつじつまが合わなくてはならない。だから数学が援用できる。素数と生態学の出会いです。
 「分数の割り算に意味はない」は釈迦の悟りに通じるものがあると思いますが、それは次の機会に。またお便りください。      
 (高橋峰夫)

« 詩集「くさはらだより」 | トップページ | 絵本のおもしろさ「みつばちみつひめ」 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41162679

この記事へのトラックバック一覧です: 「素数ゼミの謎」のコメントsenさんへ:

« 詩集「くさはらだより」 | トップページ | 絵本のおもしろさ「みつばちみつひめ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山