« 文化は継いでいくもの | トップページ | インドのむかしばなし絵本 »

2008年5月13日 (火)

中村哲さんの講演会

講演会「アフガンの地から平和憲法を考える」
ペシャワール会現地代表 中村哲さん
6月1日(日)13時30分〜
千葉県教育会館大ホール
参加資料代1000円
 (高校生以下無料)
主催 中村哲さんと平和憲法を考える千葉市実行委員会
連絡先 043-227-6363
 
11_6_1

Actionphp

この本の外にもたくさんの著作のある中村哲さんは本業は医者、それとアフガン難民のための支援事業で病院の建設をはじめ、井戸掘り、用水路作りで活躍されている。
私がこのペシャワール会に関心をもったはじめはもちろんイラク戦争、アフガン戦争その他の戦争での難民、特に子どもたちの様子だった。アフガニスタンで20年も医療活動と命の水の確保のために井戸掘りと用水路を拓いているのがお医者さんというのに興味をもった。そして、真の難民活動はその国の人たちの自立なくしては成り立たない事を思った。それも援助物資だけにたよるのではなく、現地で作れるもの、使えるものを中心にすえて行動して行く考え方に深く共感した。
アフガニスタンはかっては緑豊かなところ、交易の場でもあったところだという。用水路を造るにあたって使った方法が千葉と関係の深い「上総井戸掘り」だったこともとても興味深いことだった。そこで暮らしている人がそこにあるものを出来るだけ使って事業をおこす、必要なのは兵器や兵士ではなく、あの豊かな大地を自分たちの力で取り戻していく、その考え方に共感をもちます。
 

« 文化は継いでいくもの | トップページ | インドのむかしばなし絵本 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

伊藤さんのこと、残念に思います。
ひそかに二度目の誤報を祈る思いでいたのですが。
中村哲さんの本を読んでみようと思います。

BINTENさん
信じられないおもいです。過日の中村さんの講演を思い浮かべながら一日いろいろのことを考えました。
 ともかく外国軍はアフガンからでていくことです。
ペシャワール会がいっしょにやっている現地のアフガンの人たちが自立のために伊藤さんの意思を続けてくれることをねがいます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41198500

この記事へのトラックバック一覧です: 中村哲さんの講演会:

« 文化は継いでいくもの | トップページ | インドのむかしばなし絵本 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山