« ホーミニ・リッジ学校の奇跡 | トップページ | 観察会のおさそい »

2008年5月31日 (土)

海からのおたよりー5月号

海からのおたより 2008年5月
ゴミ0の日〜クリーンアップキャンペーンに参加してみました〜
Imgp2026
Imgp2028
Imgp2031






 5月30日はゴミゼロの日。知人が主催する「かもめのクリーン隊」から千葉ポートパークの海岸清掃に参加しませんか、というお誘いがきました。今回の催しはただゴミを拾うだけでなくJEANという国際海岸クリーンアップキャンペーン(ICC)の日本での窓口になっているNPOにゴミを細かく分類し、ゴミの内容を報告することを目的にしています。海のゴミにはとても興味があったので参加してきました。
まずミーティングで今回の趣旨、目的を聞いた後、それぞれ燃えるゴミ、燃えないゴミ、に分けて30分間拾いました。それらのゴミを集めてJEANの分類ごとにゴミの数を数えていきます。たばこのフィルター、花火、ガラス片、お菓子のパッケージ、プラスチック片・・・・・こまかく分類することでその海岸の特徴が浮かび上がってきます。
ポートパークは千葉市で唯一の干潟(人工ですが)で市民のいこいの場になっています。
潮干狩りする人、犬の散歩をする人、凧揚げをする人、観光客、港関係の方、こどもからお年を召した方まで狭い割にはこの海岸は利用する人がとても多いのです。ゴミを見ていても遠くから流れてきたものよりもここで捨てられたものが多いことに気がつきます。たくさんの方たちとゴミを拾ってみると以前わたしがこの場所でゴミを拾ったときと違ったものが見えてきました。釣り好きの方からゴミとなった釣具の説明を聞いたりしてとても勉強になりました。
「美しい海をこどもたちへ」JEANのHPのトップに掲げてあるフレーズです。

6月5日~10日まできぼーる1Fで「かもめのクリーン隊」の活動紹介のパネル展示があります。

どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« ホーミニ・リッジ学校の奇跡 | トップページ | 観察会のおさそい »

自然」カテゴリの記事

コメント

いつも海にはお世話になっているので、ビーチクリーンには私も極力参加するようにしています。
今年は私の地元で先月行なわれた2回とも、体調を崩していて残念ながら参加できませんでした。
次回はちゃんと参加するぞ~!っと^^

ひろってもひろってもきりがないような海のゴミですが、ゴミを捨てたくなくなるような海にしたいものです。

体調がすぐれないときはゆっくり海をながめて静養なさってくださいね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41383103

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたよりー5月号:

« ホーミニ・リッジ学校の奇跡 | トップページ | 観察会のおさそい »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山