« つみきのえほん | トップページ | 小さな動物物語 »

2008年5月 1日 (木)

千葉市文庫連絡協議会30周年記念講演会

 千葉市文庫連絡協議会が30年を迎えます。会留府が稲毛区に店をだして31年になりますが、その頃の千葉はたくさんの人たちが子どもを連れて移ってきて、人口が急に増えました。引越してきたものの、なにもなく、欲しい本も手に入らず、親たちは自分たちの手で子供会や地域・家庭文庫を次々と開きました。自分たちで本を持ち寄ったり、バザーをしてその代金で本を買ったりしましたがとても追いつきません。それで文庫連絡協議会をつくって行政にいろいろ働きかけていきました。本のことだけではありません。「おはなし」などの勉強会をしたり、おすすめのリストをつくったり、情報交換など、各文庫がいっしょになっていろいろのことを計画していきました。参加する人たちはなんといっても本がすき、こどもたちと本を読みあうのが大好きな人たちです。それは千葉市だけでなく船橋や佐倉なども同じで、ここ近年つぎつぎと30周年を迎えます。
30周年を記念して、心をあらたにこれからも活動を続けていくために、下記のように講演会をもちます。たくさんの方たちの参加をおまちします。
10200
「まゆとおに」富安陽子/文 降矢なな/絵
 福音館書店

千葉市文庫連絡協議会30周年記念講演会
「物語がうまれる時ー不思議への入り口ー」
講師 富安陽子さん(作家)
2008年6月28日(土)2時から4時
千葉市生涯学習センターホール(千葉市中央図書館となり)
参加費500円(当日券はありません) 定員250名
(託児あり・事前申し込み制・10名)
お問い合わせとお申し込み
 *TEL・FAX 043-252-7041石渡(とどろき文庫)
        043-424-4042中山(おひさまはらっぱ文庫)
主催 千葉市文庫連絡協議会 後援 千葉市教育委員会

« つみきのえほん | トップページ | 小さな動物物語 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/41058684

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉市文庫連絡協議会30周年記念講演会:

» 『小さな山神スズナ姫』 [K家の本棚]
[児童文学] ブログ村キーワード 小さな山神スズナ姫 著者: 富安陽子 /飯野和好 出版社: 偕成社 発行年月: 1996年03月 ISBN:9784035283102 本体価格 1,000円 (税込 1,050 円) 【Azusaの食い道楽記 レシピ&育児本】  図書館に講演会の告知が貼っ...... [続きを読む]

« つみきのえほん | トップページ | 小さな動物物語 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山