« 憲法の本 | トップページ | 詩の絵本 »

2008年4月16日 (水)

海からのおたよりー2008年4月

近代化のなかでーゴミ問題

20082_046

 社宅から新築マンションに引っ越しました。新居には押入れがないのでいろいろなものを処分しなければなりませんでした。引っ越して半月ほど経ちましたがまだまだ段ボールに囲まれた生活です。マンションには最新の設備がついていますがなかなか使いこなせず悪戦苦闘中です。
みなさまは「キッチンディスポーザ」というものをご存知でしょうか?流し台の排水口の下で生ゴミを粉砕して流す装置です。6リットルの水を流しながらシンク下の器械に生ごみを入れて蓋のスイッチをオンにするとカッターが残飯・肉・魚・果物・野菜を砕いて流れるそうです。(まだ使っていません)マンションの地下には専用の浄化槽があり、処理をしてから下水に流すということです。最近のマンションはこれを売りにしているようですがわたしはどうもなじめないでいます。千葉市は週3回ゴミの収集があるので真夏でも生ゴミで困ったことはありません。本当に困るのは標本用に採ってきた貝の中身ですが台所ではとても処理できたものではありません。先日、テレビで日本一汚い川が付近の家に協力してもらい台所のゴミをきちんと処理して流すことできれいになった、という番組をやっていました。東京湾の汚れの7割は家庭排水が原因だそうです。排水口は海につながっています。たとえ処理するにしても生ゴミは流さない方がいいに決まっています。無洗米を使ったり、網の目の細かいネットを使って生ゴミを流さない努力をしてきたわたしにとっては必要ないものです。水を節約する?という食洗機とディスポーザはいらないのになあと“快適なくらし”の新居で残念に思っています。

どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 憲法の本 | トップページ | 詩の絵本 »

自然」カテゴリの記事

コメント

お引っ越しお祝い申し上げます。
貝の中身は食べられるものは食べて、そうでないものは庭の木の根廻りに埋めています。立派な晩柏柚に変身します。

自然と生きるつづきさんがうらやましいです。
自分で出した生ゴミは庭に埋めてやるのがいちばんなのでしょうね。
それができないからといって汚いものはすぐに流せばいい、というような考えをわたしは持てません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/40899125

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたよりー2008年4月:

« 憲法の本 | トップページ | 詩の絵本 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

6月の営業とお休み

  • 6月のお休み
    *6月5日・12日・19日・26日の月曜日                    *6月4日・11日・18日・25日の日曜日は1:30〜6:00            *営業時間10:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *グループ学ぼう・話そう 定例会第2月曜日12日(月)10:00〜話し合い  *ボランティア講座 定例会19日(月)10:00〜 テーマ「科学絵本を読む・非公開」              *憲法カフェ27日(火)3期・6月学習会「いま、福島は・報告と話し合い」誰でも・予約制             *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会15日(木)7:00〜読書会・D・J・ハスケル著「ミクロの森」               *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会8日(木)7:00〜読書会R・M・フイッツジェラルド著「スピニー通りの秘密の絵」   *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会23日(金)7:00〜制作「絵本を読む」                *絵本の会16日(金)7:00〜方言で昔話を聞く・絵本で見る 語り手高橋峰夫さん                 *羊毛ちくちくの会22日(木)10:00〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山