« ガッチャ! | トップページ | おやすみなさいの絵本 »

2008年2月17日 (日)

バーニンガム原画展

 ジョン・バーニンガムの原画展へ行ってきました。やらなければいけない仕事もつっかえているし、東京駅のあの人ごみにもまれるのも嫌だしと思いながらも、やっぱり絵を見たくて、えい!やぁ!と大丸・東京店の会場まで行ってきた。行って良かった。絵はとてもきれいだった。会場もゆったりとしていて、いろいろのものがごちゃごちゃなくて、絵がきちんと並べられていて見やすかった。
 以前「ガンピーさんのふなあそび」の原画はちょっと見た事がある。それに昨年の夏には「わたしの絵本、わたしの人生」が出版されている。

John_burningham


「ジョン・バーニンガム
わたしの絵本、わたしの人生」
灰島かり・訳
ほるぷ出版 本体2800円」




この本はとてもお買い得だ。バーニンガムの絵本のこと、これまでのバーニンガムの人生のことが全部書かれている。最初にセンダックの文が書かれているが、私はその文で1963年にバーニンガムの最初の作品「ボルカ はねなしガチョウのぼうけん」とセンダックの「かいじゅうたちのいるところ」が出版されたことをあらためて知った。センダックはこう書いている”2冊ともまぎれもなく、あのめまぐるしくて、がむしゃらで、いきいきした絵本の時代の申し子だ”
 子どもたちが大好きな「ガンピーさんのふなあそび」「ねえ、どれがいい?」今頃、小学6年生や中学生に読むのに良くつかう絵本は「いつもちこくのおとこのこージョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー」。何度読んでも「いつもちこくのおとこのこ」が先生を見限って一人で歩いて行く最後のページに私の心はきゅっとなる。
 大好きな「はる なつ あき ふゆ」の色はとてもきれいだった。がんばって行ってほんとに良かった。

« ガッチャ! | トップページ | おやすみなさいの絵本 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/40160247

この記事へのトラックバック一覧です: バーニンガム原画展:

« ガッチャ! | トップページ | おやすみなさいの絵本 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山