お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« むしをたべるくさ | トップページ | ぼくらが大人になる日まで »

2008年2月13日 (水)

エチオピアの昔話「山の上の火」

優れた昔話の重層性−『山の上の火』

Htbookcoverimage_3

「山の上の火」
ハロルド・クーランダー
ウルフ・レスロー
渡辺茂男・訳
土方久功・絵
岩波書店 本体1800円
       

 岩波書店では、グリムをはじめ各国の昔話を出していましたが、その1冊に、クーランダー、レスローの『山の上の火』があります。訳は渡辺茂男、絵は土方久功です。アフリカのエチオピアの昔話集ですが、どれもストーリー・テリングに向く昔話です。「グラの木こり」や「アディ・ニハァスの英雄」などは、各国の同類のはなしの中でも、ず抜けた、とぼけた話です。この本を読むと、エチオピアの昔話は他の国とは違った雰囲気があります。おおらかで知的でユーモアがあります。
 解説によると、エチオピアは紀元前11世紀から10世紀にかけて、エジプトから独立した古い歴史をもつ王国で、エチオピアの昔話の中には、はじめからエチオピアのものもあれば、インドやアラビア、スーダンやコンゴーなどから伝わったものもあるそうです。
 つまり口承説話でも、イラクのアラビアン・ナイト並みの蓄積があるわけです。この本では、子ども向きのを選んだのでしょうが、そもそも昔話は大人のもの、いや大人も子どもも楽しめるものですから、この本のはなしも凝っています。
 そんなことを思ったのは表題の「山の上の火」の、おはなしの練習を始めてからです。召使をしている若者が、金持ちに「山の上でひと晩、はだかで立ってて死ななければ、土地をやる」と言われて、賭けに勝ったのに、約束は守られなかった。それを知恵者の手助けで解決する話です。昔話ですからオチまで言うと、落語の「鰻のにおいの代金を、お金の音で支払う」テクの逆手です。子どもの好きな話なので、おはなしする人はたくさんいます。
 「むかしアルハという若者がいました」と始まりますが、主役はアルハではありません。金持ちのハプトムです。ハプトムが、知恵者のハイルに、こらしめられる話です。
 あるいはアルハが主役の話と、ハイルが主役の話をつなげたものかも知れませんが、ハプトムを意識しないとつながらなくなります。
 前半では、聞き手はアルハの気持ちになって聞きます。スルタ山での寒さの描写、山の上の火の意味、と迫力ある感動的な話です。 賭けのほうびは、家と牛とヤギと40ヘクタールの畑ですからたいへんです。昔話の大袈裟かもしれませんが、40ヘクタールといえば広大です。難癖をつけてでも、賭けを認めたくない広さです。
 ハプトムの賭けの条件は、はなしの進行上必要なもの、とだけ思うと、気になりませんが、考えてみればひどい条件です。「きものもきないで、つったったまんま、それでも死なずにおることができるもんかな」とあります。話の最初では、ハプトムは「お金でやれることならなんでもやってしまったので、ときどき、たいくつでたまらなくなりました」と説明してあります。この因業さが、話の後半につながるのです。しかも裁判官までハプトムの味方をします。しかし、もの知りじいさんが「町の裁判官なんかよりも、山の人間のほうがずっとかしこいもんだ」と言って、ハイルに相談をもちかけます。ここから後半が始まります。
 ハイルは、ハプトムや裁判官や町の人達を、ごちそうに招待します。このごちそうの描写も魅力的ですし、「ごちそうのにおいは、お客たちのすきっぱらをぐうぐういわせました」。でも、においだけで、ごちそうは「夕方になっても」出てきません。ハイルのねらいは「鰻のにおい」ですから、ことばですぐに、やり込めてもいいのです。でも、全員を夕方までじらしたからこそ、説得力が出たのです。「裁判官は間違いにすぐ気がついたし、ハプトムはすっかり恥ずかしくなってしまいました。ハプトムは、ハイルにこのいましめのお礼をいって、アルハに土地と家と牛とヤギを与えることを、みんなの前で約束しました」。子供たちは、この結末で一安心ですが、はたしてハプトムは反省したのでしょうか。
 子供たちは、すなおに喜んで聞き、しかも大人たちは、深読みして楽しめる。大人も子どもも一緒に楽しめる。それが昔話の魅力でしょう。ぜひ覚えて、話してやってください。
 なお前半に、じいさんが「あしたのばんになったら、その岩の上で火をもやしてやろう」と言う箇所がありますが、あしたは「きょうの」間違いです。賭けに間に合わなくなりますので「ばんになったら、」でいいでしょう。     
   (高橋峰夫)

« むしをたべるくさ | トップページ | ぼくらが大人になる日まで »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/40112998

この記事へのトラックバック一覧です: エチオピアの昔話「山の上の火」:

« むしをたべるくさ | トップページ | ぼくらが大人になる日まで »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo