お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 寒い冬の日に | トップページ | 海からのおたより 2008年2月 »

2008年1月23日 (水)

風邪をひいていませんか

『インフルエンザワクチンは打たないで!』
Htbookcoverimage
 
 この母里啓子の、そのものズバリの書名の本(双葉社刊)は、考えさせられる本です。様々な情報の中で、何が正しい情報で、何が間違った情報かは、私たちが自分で判断するしかありません。著者は、国立公衆衛生院にいたウイルス学の専門家です。著者の言ってることが正しいかどうか、私は断言はできません。
 ただ読んだ限りにおいては、正しいように思えます。それは、小中学校での集団接種と、廃止のいきさつを体験しているからです。当初から、インフルエンザワクチンは効かないと言う説はありました。でも大流行を防ぐには、国民の何割かに接種して、食い止めなくてはなりません。戦前なら、軍隊に集団接種できたでしょう。でもワクチンは戦後のものです。自衛隊員等では人数が不足なら、小中学生に接種しようとなりました。これは疫学の考え方です。
 疫学では、効かないケースも想定内です。副作用も想定内です。多少のロスや害があっても、全体として疫病を阻止できれば良いという考えかたです。
 問題はこれが、学校現場に説明されてなかったことです。特に養護教諭にはショックでした。「流行を阻止する」とは、「他人にうつさない」ことです。でも養護教諭は、「その子に、うつらないように」接種を勧めていたのです。副作用は考えてませんでした。まして「他人にうつさないためには、副作用の犠牲者はしょうがない」とは考えてません。ですから副作用が出た時、学校もマスコミも大騒ぎになりました。養護教諭には苦い経験です。
『結局、インフルエンザワクチンで流行は阻止できないことがわかり、厚生省は1994年に集団接種をやめました。流行を阻止できないということは、すなわち、他人にうつしてしまうことは避けられないということです』。「家族や他人にうつさないためにワクチンを」は嘘なのです。
 いま養護教諭は、保育所・幼稚園・学校での「フッ素洗口」に反対し、署名運動をしています。フッ化ナトリウムの洗口液は、劇物です。インフルエンザワクチンも劇薬であり、生物由来製品(死んだウイルス)という異物です。フッ素でもワクチンでも、異物を体に入れないに越したことはありません。ですから明瞭な効果がなく、しかも安全という証明がないなら、強制すべきではないでしょう。 養護教諭は、集団接種の苦い経験に学んでいるのに、厚生労働省は学んでないのです。
 私の子供には最初、予防接種はさせてませんでした。でもある年、インフルエンザにかかり、子供2人が一晩中苦しんでいたのに懲りて、翌年から家族で接種しています。副作用も少なくなり、流行型の予測も当たるようになったと効いたからです。でもこの本には、予測も当たらないし、副作用もあると書いています。理由も説明しています。また、ワクチンが効かない理由を説明した上で、本物のインフルエンザにかかってできる免疫は、流行型が変わっても免疫が効き、しかも5年、10年と持続すると書いています。ですから高齢者は、もともと免疫はある程度持っているので、予防接種はしない方がいいと書いています。つまり私の子供も「予防接種をしたから、かからない」のではなく「インフルエンザにかかったことがあるから、かかりにくい」のです。
 著者は、乳幼児へのインフルエンザワクチンにも反対しています。インフルエンザが心配な乳幼児のお母さんは、この本を読んでから判断すべきでしょう。私は予防接種はやめました。
  (高橋峰夫)

« 寒い冬の日に | トップページ | 海からのおたより 2008年2月 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/17801344

この記事へのトラックバック一覧です: 風邪をひいていませんか:

« 寒い冬の日に | トップページ | 海からのおたより 2008年2月 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo