« 今日の「冬のおはなし会」 | トップページ | 探偵小説がおもしろい »

2008年1月13日 (日)

ブルーノ・ムナーリ展

 「ブルーノ・ムナーリ展」へ行ってきました。会場の板橋区立美術館はご案内を良くいただくので、行ったのは初めてではありません。と、いうのは、この美術館は絵本関係の展覧会があるからです。
E200705b
Dscf0542
Dscf0543




あまり大きくないのですが、とても良い美術館です。ただ、私がつかう駅からは遠い、しかも、歩いていくのにすごく長い歩道橋、高速道路の壁、新しいけれど小さな同じような家が並んでいて、面白みのない道です。今日も行き交う人があまりないので、”寒いからかなぁ”などと思いながらついてみると、たくさんの人がいるので驚きました。明日で終わりです。来ていた人も子どもから、いかにも美術に関係のある人から、私みたいなおばさんも、老若男女さまざまでした。それはこの展覧会の副題が「あの手 この手」つまり、ムナーリの活動が多岐にわたっているからでしょう。デザィナーの人たちの展覧会は作品がイメージの世界がラインのよう並んでいるようで、絵画や写真展は物語的だといつも思います。こうして、ムナーリの作品をみると、あらためて、日本の絵本作家に与えた影響が大きいのを感じました。
Dscf0545
この美術館の隣の公園はたくさんの梅の木があります。それに大きな柳の木があって、新芽が出る頃には柔らかなきみどりいろの枝が風に揺れるととてもきれいです。千葉では梅がちらほら咲き始めているので期待していったのですが、まだ、春は見つけられませんでした。でも、ムナーリのたくさんのあの手この手を見る事ができて、でかけて良かったと思いました。

« 今日の「冬のおはなし会」 | トップページ | 探偵小説がおもしろい »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/17684119

この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノ・ムナーリ展:

« 今日の「冬のおはなし会」 | トップページ | 探偵小説がおもしろい »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山