« 元気な「番ねずみのヤカちゃん」 | トップページ | 母と父の物語「エセルとアーネスト」 »

2008年1月 7日 (月)

海からのおたより-2008年1月

 あけましておめでとうございます。
今年も「海からのおたより」をよろしくおねがいいたします。

暮れに近くのショッピングセンターでお供え餅に飾る橙と裏白を買おうと思ったら売っていませんでした。そのお店には昔からの松飾りに変わって水引と注連縄をリースにしたおしゃれな飾りがたくさんならんでいました。どれもきれいでしたがお飾りについていたのはプラスチックでできた橙と黒い紙でできた昆布でした。最近は暖房がきいているのでなまものはいたんでしまうのかもしれませんが味気ないように思いました。そういうわけで今年の我が家の鏡餅にはみかんがのっています。
お正月の街を歩きながら気にしてみると昔ながらのお飾りをつけている家やお店は少なくなりました。これは実家の近く(浦和駅のそば)の飲食店のお飾りです。「玉飾り」とよばれる玄関のお飾りでかなり豪華なものです。黒いひげのようなものは海藻のホンダワラです。
010
014




 ホンダワラには小さな卵型の気胞がついているのでそれを米俵に見立てて名づけられたようです。子宝の象徴になっていて地方によっては結婚披露宴の汁物の具にも用いられているということです。古くは神馬尾(なのりそ)、神尾藻とよばれ万葉集のころから利用されてきた海藻です。海面を漂う「流れ藻」とよばれるものもこのなかまです。海岸を歩いているとよくうち上がっていてホンダワラの気胞を踏むとぷちぷちと音をたててつぶれます。
ホンダワラがお正月のお飾りになるのか不思議に思って調べてみました。石川県七尾市では商売繁盛の縁起物として親しまれてきたそうです。「藻を刈る=儲かる」なるほど!どうしてお飾りにホンダワラをつけるのかやっとわかったような気がしました。

2008年がみなさまにとってすばらしい年でありますように。
 どんぐりつうしん変集長 谷口優子

« 元気な「番ねずみのヤカちゃん」 | トップページ | 母と父の物語「エセルとアーネスト」 »

自然」カテゴリの記事

コメント

「藻を刈る=儲かる」ですか、なるほど!目からウロコですね^^
こういうの、大好きです。
でも、石川県なら分かりますが、
浦和の辺りというと、海のない埼玉県。なんとなく不思議ですね。

子どもの頃黒いホンダワラがとても不思議でした。
東京、千葉、お飾りはあまり変わらないような気がします。
鎌倉ではいかがでしょうか。

私が幼い時に住んだ街の海は日本海側です。今は見るかげもなく、打ち上げられた(なぜかたくさん)砂浜はなくなってしまいました。「ほんだわら」をプチプチつぶして遊んだのですが・・・思い出のなかの浜辺の「ほんだわら」です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/17611654

この記事へのトラックバック一覧です: 海からのおたより-2008年1月:

« 元気な「番ねずみのヤカちゃん」 | トップページ | 母と父の物語「エセルとアーネスト」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

10月の営業とお休み

  • 10月のお休み
    *お休み 2日(月)・9日(月)・16日(月)23日(月)30日(月) *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    *よいこ連盟(保育士・なろう とする人)13日(金)7:00〜  「絵本をみる」        *Y・Aの会 読書会(どなたで も)12日7:00〜 「とりあげ る本 赤川次郎の本を読む」   *絵本の会 「絵本づくりの現場から」講師光村教育図書編集・吉崎さん 20日7:00〜(誰でも)           *グループ放課後 読書会「蜜蜂と遠雷」(公共図書館司書・その他)18日(水)7:00〜                  *ボランティア講座 非公開 16日(月)10:00〜       *憲法カフェ26日(火)「教育と憲法2」講師千葉県若手弁護士の会・中島弁護士 9月31日(火)7:00〜         *羊毛チクチクの会ハロウィーンのカボチャをつくる 19日(木)10:30〜                                                                                                                         

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山