お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« 絵本「せんをたどって」 | トップページ | クリスマスの日の絵本 »

2007年12月 5日 (水)

裁判員制度について

 ブラックジョークとしての『裁判員制度の正体』
Htbookcoverimage
西野喜一の、講談社現代新書の帯にはこうあります。「日本の司法を滅ぼす、問題山積の新制度2009年までに開始予定。元判事の大学教授が「赤紙」から逃れる法を伝授。恐怖の悪法を徹底解剖」。凄い言われようです。
 読んだ感想は、ふたつあります。ひとつは、わかりやすいという事です。専門的なのにスラスラ読める。知識を覚えさせる本でなく、理屈・道理を説く本になってるからでしょう。その道理も、普通の常識で腑に落ちる説明になっています。裁判官の書く文章は悪文だとよく言われますが、著者は違います。逆にこの人の判決文を読んでみたくなります。わかりやすいのは、著者の主張がはっきりしているからでしょう。おかしいものはおかしい。現職でないから、遠慮がいりません。
 ふたつめは、これだけ深刻な問題を書いているのに、おもしろい、いっきに読める事です。はっきり言って、笑っちゃう。ブラックジョークです。
 この本では、陪審制と参審制の違いも説明しています。陪審制の導入を検討してたのが、なぜ参審制の裁判員制度になったのかも、ちゃんと書いています。その司法制度改革審議会のいきさつの、ドタバタ喜劇、できの悪いテレビドラマと言ったら、テレビ局が怒るでしょうね。こんな連中が日本を動かしているかと思うと、腹が立つ前に笑っちゃいます。いちばん悪いのは、連中を任命し、答申を採用した時の首相ですが。つっこみどころ満載ですので、著者は折に触れ、審議会と最高裁の無責任さを指摘しています。
 さてこの本には、裁判員選任から逃れる技術が書いてあります。これは類書では初めてです。アナだらけの制度ですから、手はいくらでもあるのですが、まず、選任の為の呼出状を無視するという手があります。行かない、連絡をしない事です。連絡をすると、呼出状が届いたのがわかってしまいます。また受け取りを拒否したり、家族が本人に渡すのを忘れたりしても、罰則はありません。もし次の手続きに行きたい人には、質問票が送られてきます。これにウソを書くのは罰されますが、何も書かない、返送しないのは、罰されません。ここまで読んで、なにかに似ていると思った人もいるでしょう。そう、振り込めサギへの対処法です。決して、連絡したり送金したりしてはいけません。最高裁の権威も地に墜ちましたネ。
 なかでも、著者がいちばん問題にしているのは「信念として、人を裁きたくない」という理由が、まだ認められていない事です。もしこれが認められないなら、その人は最高裁まで争うべきです。ただ忙しい人もいるでしょう。なにも過料を払わなくても、その人向けには、「信念として、全員無罪にする」あるいは「全員死刑にする」「評議では絶対意見は述べない」と言えば、必ず選任から落とされると教えています。行儀が悪いかもしれませんが、まともでない制度に、まともにつきあうこともないのです。      
 裁判員制度では、周防正行が『それでもボクはやってない』で描いた冤罪は、絶対なくならない、むしろ増える事がわかります。
 この裁判員制度は、郵政民営化、地上デジタル化とともに、行政改革の3大愚策として、歴史に残ることでしょう。 
   高橋峰夫

« 絵本「せんをたどって」 | トップページ | クリスマスの日の絵本 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/17282528

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度について:

« 絵本「せんをたどって」 | トップページ | クリスマスの日の絵本 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo