お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« ぼくがラーメンたべてるとき | トップページ | お知らせークリスマスプレゼントのサイン本 »

2007年10月29日 (月)

学校での読み聞かせについて

 月刊H誌をまだ読んでないことをあわてて思い出して手にしたのが、おおよそ2週間前、それからこのことについて書こうか書くまいかしばらく考えていた。書こうと思った動機はやはりこういう記事、発言にたいしてなるべく意見を言いあいたいと思ったこと、書かないでおこうかと思ったのは個人的な攻撃のようになると嫌だと思ったからだ。なにがそんなに気にかかったとかというと、月刊H誌のなかの特集「学校で本を読み聞かせるということ」の中にボランティアから見た対談があり、ボランティア3名と児童文学者1名の座談会記事のことだ。そのなかの児童文学者Sさんの、学校における先生が子どもたちに本を読んでやることが、どんなに大切かということからの続けての発言、〜前略<先生は、それほど大きな影響を子どもたちに与えていく職業をお選びになったのだから、自分に本の知識がないのであれば、とにかく心を開いて、私はばかである、たすけてくれと、近くの公共図書館員に協力を求めて欲しい。>後略〜の記事だ。児童文学者なのにずいぶん言葉が乱暴、まあ、それはさておいても、たしかに教師を職業とする者にとって知らないからと済まされることではない。これは別に読書に限らないと思う。でも、知らないことは<ばか>ではない。けれど、知らないから公共図書館員に<自分は知らない、ばかだから教えて欲しい>ということではない。まず、どの学校にも本の好きな先生はいる。その先生たちに教えを請うこと、(これは数少ない学校司書の存在も含めて)、自分たちで勉強していくように勧めること、そのために公共図書館員の力をかりること(もっとも、公共図書館員といったって?!という人がたくさんいるし、制度的にもその人たちは司書でない場合が多くなっている)。それこそ経験豊かなこの児童文学者、編集者に聞くことも良い(但し、その人は編集者、児童文学者としてだが)但し、をつけたのは子どもたちの読書について考える時に、読書は本とそれを読む子どもの関係があることを忘れてはならないからだ。だからこそ、それを仲立ちするおとなが必要になるのだと思う。
 残念ながらこの発言からは、子どもたちの実態や学校での教師の現状を知らないのでは、だから、こんな暴論を書くのだろうと思った。私は先生たちの忙しさに同情しようとは思わない。同情ならいくらでもできるからだ。そのなかで一生懸命に子どもたちと日々暮らしていっている教師を知っているからだ。あらゆる現場のなかで、自分たちの手と足と頭を使って生きている人を大切にしたい。学校もそうだと思うし、その中の読書教育もそれではじめて成り立つ。おとな、教師、子どもたちの信頼関係があってはじめて成り立つのでないか。現実はある子どもにとってナルニア物語かもしれないし、ある子どもにとってゾロリかもしれないのだ。けれど、それは固定されたものでなく、流動的なものだ。だから子どもたちには橋渡しをする信頼するおとながどうしても必要なのだと思う。学校においては教師と学校図書館司書、そして、ボランティアの順だと私は思っている。
 「本を読む子は良い子」「本を読まない子はしょうがない子」と思っていないだろうか?「自分たちは良いことをしている」と思ってはいないだろうか。3人のボランティアの人たちの発言の確かさのなかで、児童文学者の発言には変な良書主義がチラチラと見えたのは私だけだろうか。

« ぼくがラーメンたべてるとき | トップページ | お知らせークリスマスプレゼントのサイン本 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110398/16909959

この記事へのトラックバック一覧です: 学校での読み聞かせについて:

« ぼくがラーメンたべてるとき | トップページ | お知らせークリスマスプレゼントのサイン本 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo