« 映画「ピーター・ラビットの作者」 | トップページ | 韓国のこもりうた »

2007年10月 4日 (木)

ピーター・ラビットの本の背景には

Friend_title
 あまりにも有名なピーターラビット、もちろん、昔はじめてこの絵本を見たときちょっとビックリした。まず、おかあさんウサギがピーターに「おまえのおとうさんは捕まってパイにされた」という。なんのおもい入れもなく、たんたんと言ってのける。絵は水彩でもあり柔らかい画風、その落差にちょっととまどった。何のことはない自然界の食うか食われるかの話なのだ。穴ウサギのピーターを取り巻くいろいろな小動物たちの冒険物語といってもよい。そのことでなのか、以外と男の子に人気がある。また、ポターの伝記を読んで思ったことは彼女は農家の出身でもなければ、むしろ都会の大邸宅のなかで暮らしていて、一部は避暑地で自然に接してはいたが、自然は生活の基盤ではなかったことだ。どちらかというと研究者、きのこの本などみごとに描かれている。今の時代だったら力のある研究者になっていたのではないかと思われる。
 イギリスの金持ちの娘で育ったため、家の枷に反抗した(弟もそうだけれど)。女は学校へいかない、おかかえの家庭教師がいる、もちろん生活のために働くなどはありえない。きのこの研究で学位論文を出していても、大学は女にはひらかれていない。家がつり合わない人と結婚はゆるされない。生活に困るわけではないので、働くことはありえない。時代の壁としても、ポターは自分で自立を望んだ女だったのではないか。後年いっさい絵本を描かないで、羊育業者として成功をおさめる。なかなかの商売上手な人、村の人々は彼女がピーターの一連の本を描いた人とは誰もつゆ知らなかったという。
 あの都会的に洗練されたピーターうさぎたち、遠い日本の今のこどもたち、おとなたちに読み続けられている秘密はこんなところにあるのではないかとおもう。

« 映画「ピーター・ラビットの作者」 | トップページ | 韓国のこもりうた »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「ピーター・ラビットの作者」 | トップページ | 韓国のこもりうた »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

12月の営業とお休み

  • 12月のお休みは28日までありません。
    *お休み 28日午後から1月4日まで *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • 12月の定例会
    すべての集まりの定例会はお休みです
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                   *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」     *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも) *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)             *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜             *ボランティア講座 非公開 22日(月)10:00〜         *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)        *羊毛チクチクの会 未定(事前参加申し込み受付)                                                                                                                         

できることから

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山