募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | この夏読んだ本の一冊 »

2007年9月 2日 (日)

夏も終わり

Dscf0417_2
Dscf0422_2




 さあ!今日で夏休みも終わりです。暑い夏でしたが、なにもなく暑い暑いと過ごせた人も、でも、いろいろのことがあった人もいると思います。9月に入ったらうそのように朝晩すっかり涼しくなりました。
 会留府はいつものように夏休みをとって、暑いのでひたすら出かけないで、こまごまとした雑用と、読書で過ごしました。8月が決算期なので、体力を温存しておかないとちょっと困るので用心しました。これはいいわけ、暑くて出かけるのが嫌になり、かといって読書もあまりすすまなかった、なんだかぼんやりいねむりばかりしていたように思います。写真の蝶や蝉は近くの千葉高校で撮ったもの、暑くてもわが家の鈴虫もイモリも生き物はしっかり自分の生理にしたがって生きています。なるべく自然にさからわないような生き方をしたいと思いますがこれが難しいと汗をかきながら思いました。
 千葉市の小中学校は2期制なので、明日から2学期とはいいませんが、夏休みは今日で終わりです。国では総合学習の見直しとかで、学力をつけるために教科の授業時間を増やすとか、どうもあまり好ましい話でありません。基礎学力をつけるのは賛成ですが、やはり国際社会の競争に打ち勝つ人材が求められているとか、日本語もあやふやなのに英語とか、時間数を増やすことなど、とても疑問に思います。学校へなぜ行くのか、なぜ勉強させなければならないのか、おとなは子どもに何を期待し、何をしなければならないのか、もう少し根本的に教育、学校、社会のことを検討する必要があるように思います。学校教育も生涯教育も時間が必要です。いま、子どもたちがほんとに必要としているのは(おとなも)真のゆとりの時間、教育ではないでしょうか。
 

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | この夏読んだ本の一冊 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕凪の街 桜の国 | トップページ | この夏読んだ本の一冊 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ