募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

キボウのカケラ

クリック募金

« この夏読んだ本の一冊 | トップページ | 「もの」の運び方、利根川をめぐって »

2007年9月 5日 (水)

ラジオに出演

朝のNHKのラジオ番組「ラジオあさいちばん」に出演の話が突然あった。以前朝日新聞千葉版に30周年を迎えての記事を読んでの出演依頼だった。ラジオには昔、電話を通じて一言質問に答えるという形式ででたことがある。10周年の時はNHKテレビにでたこともあった。店に取材があり、カメラが入って大騒ぎだった。今回はキャスターの質問に答えるという対談形式、時間は8分とのことだった。
 昨日良いお天気のなか、東京のNHK放送センターへでかけ録音をしてきた。番組の流れの説明があってすぐにはじまる。キャスターは佐治さんという若い女の人で絵本大好きとのこと、小さい時良くいった街の本屋の話から、本に関しては幸せな子ども時代を送ったことが感じられた。そんなわけで気持ちよく話すことができた。終わって帰り、原宿の駅には若い人の群れ、この人たちのどれ位が本を読むのかな?どんな本を読むのか思わず聞いてみたくなる。
 朝ラジオから流れる自分の声、やっぱりなんだか気恥ずかしい。昨日の録音のときは15分位話したのだが、8分にうまくまとめてあった。もっと店の宣伝をしても良かったのにとは言われもしたが、聞いた人からたくさんの反応、電話があった。通勤の車の中で聞いていた人も多い。みんなにとても良い番組だったと言われた。今日は台風の余波の雨の中、日販へ行っていたので、留守の店にもたくさん電話がかかったとのこと、夕方店に帰ってきて聞き、新聞の時と同じくマスコミの力は大きいとスタッフと改めて話した。
 こうやってみなさんに背中を押され、会留府は30年続けてこられたのです。感謝!

« この夏読んだ本の一冊 | トップページ | 「もの」の運び方、利根川をめぐって »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« この夏読んだ本の一冊 | トップページ | 「もの」の運び方、利根川をめぐって »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

8月の営業とお休み

  • 8月のお休み
    ご希望の時は前日までご連絡ください。お休みのときでもご希望の時間に合わせることができます      *8月は不定期です/お休み・13日(日)・14日(月)・ 15(火)19(土)/30(水)31(木)は棚卸し    *5日(土)6日(日)20(日)26(土)27(日)は1:00〜6:00         *28日(月)29日(火)は10:30〜6:00                   *その他は夏時間1:00〜7:00               

お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
       8月・9月の予定          *グループ学ぼう・話そう 定例会第1月曜日9月は未定           *ボランティア講座 定例会9月25日(月)10:00〜             *憲法カフェ臨時8月29日(火)ミニ講演会マイナンバーと個人情報(図書利用カードをめぐって)講師白石孝さん 誰でも・予約制          *グループ放課後(公共図書員・関係のある人) 定例会9月20日(水)7:00〜読書会              *YAの本を読む会+のんき〜ず学校図書館司書  定例会9月14日(木)7:00〜読書会          *よいこ連盟・絵本の会(保育士たち)定例会9月8日(金)7:00〜    *絵本の会9月15日(金)7:00〜おとなの絵本の魅力            *羊毛ちくちくの会8月17日(木)10:30〜制作                                                                                                           

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

できることから

無料ブログはココログ