お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ | トップページ | サンタクロースや〜い! »

2007年9月30日 (日)

皆様ありがとう

 2007年9月29日、「会留府の30周年を祝う会」はたくさんの方たちの参加でとても楽しい会になりました。
 1時半から詩人の谷川俊太郎さんと作曲家の林光さんのトークと音楽ではじまりました。8月の時点ですでに席は満杯で260名の会場いっぱいでした。10周年、20周年とおふたりの集まりをもってきて、今回も早くからお願いしてあり、お元気なお話、演奏と詩の朗読など充分に聞かせていただき、時々のユーモアのあるお話に会場が沸きかえりました。秋の行事が重なったので、幼い子どもたちの姿は少なかったのですが、年齢はいろいろでした。サイン会もたくさんの方が並ばれて、谷川さんも林さんも大変お疲れのところを、がんばって求めにこたえていただき、私たちはニコニコでしたが申し訳なかったと反省です。 夜は谷川さんをかこんで、お祝いのつどいがありました。
 私たち(夫とわたし)は1973年千葉に引っ越して来て、1975年に自宅の一室から本屋をはじめました。やがて店を借りて、本格的に子どもの本の専門店として、営業をはじめたのですが、本屋をするということは2人の人生設計にはなかったこと、それをまあ、30年も続けてこられたのは、子どもたちに良い読書環境を与えることは、おとなのつとめと考えている人たちがたくさんいて、会留府を支えてくださったということだと思います。ある人は「会留府がつぶれたらそれは私たちの恥だ」とおっしゃられ、若くてのんびりしていた私たちは責任重大で、正直身がすくむ思いをしたことを憶えています。
 何人か遠方で参加できなかった若い人たちからお手紙も多くいただきました。はじめた当時子どもで来て、いまは親になっている人たちです。私たちも若かったので、良くその子たちとは話をしたり、遊んだりしたものです。店ができたと同じくらいに文庫活動をはじめた人たち、おはなしをしたり本を読んだり、それに、子どもの本は子どもだけのものではないと活動した人たちが第1世代とすれば、29日司会などをしてくださった30代の人たちが第2世代、夜の会で詩を読んだりした高校生から大学生が第3世代、そして、いま店に来てくれる幼い子ども達と、続いてきているのが、私はなによりもうれしく思っています。
 大きくなくて良い、千葉の片隅で、日本の片隅で、世界の片隅で本を読むことを楽しんでくれる子どもたちが少しでもいるように、そして、ゆっくりとその楽しさがひろがっていくようにと願っています。それができるのは、平和であるからです。
 皆様ほんとうにありがとうございました。これからもたくさん本の話をしましょう。よろしくお願いします。

« ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ | トップページ | サンタクロースや〜い! »

コラム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ワビシーネ農場のふしぎなガチョウ | トップページ | サンタクロースや〜い! »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo