お仲間にどうぞ

  • ー元気になる集まりいろいろー
    <2018年度の募集中!自主講座のグループ もありますが、くわしくは会留府にお問い合わせ下さい、 *ボランティア講座と絵本の会は5月からスタート 参加募集中> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     7月の予定・くわしくは7月のえるふ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 夏のえるふお話会 21日(土)7:00〜 お話と絵本を読んで+花火をして遊びます。 おとなといっしょです。参加はどなたでも/お申し込み受け付けています。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     *学ぼう語ろう〜9日10:00〜読書会 参加自由  ・・・・・・・・・・・・・・・   *Y・Aの本を読む会 12日(木)7:00〜読書会 ・・・・・・・・・・・・・・・ *羊毛チクチクの会 19日(木)10:30  〜(事前参加申し込み受付)        ・・・・・・・・・・・・・・・       *グループ放課後 18日(水)7:00〜読書会(公共 図書館司書・その他) ・・・・・・・・・・・・・・・          *憲法カフェプラスのプラス2 31日(火)  7:00〜社会保障と憲法  お茶パン付き800円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      *絵本の会 20日(金)7:00〜今絵本がおもしろい。ポーランドのおはなしと絵本 非会員800円                                                                                                                         

7月の営業とお休み

  • 7月のお休み
    *お休み 変則になります。 2(月)・9(月)・17(火)・22(日)・23(月)29(日)30(月) *営業時間 いつもと15(日)10:30〜6:00 /1(日)・8(日)16(月・海の日)は1:00〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   
無料ブログはココログ

« しろいクマ ちゃいろいクマ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

2007年8月30日 (木)

ショック!アクセスがなくなる

Iriguti
 「アクセス」正式名は「書肆アクセス」、郷土史などに興味のある人なら行ったことがあるかもしれない。地方や小出版の本の問屋さん「地方小出版流通センター」が扱う本の店売りのお店。だから、私みたいな本屋が行く所なのだが、ある意味では本屋でもあるので、個人が買いに行くことも出来る。私たち仲間の間では、移転するかもしれないというもっぱらの話だったのだが、8月21日の朝日新聞には11月17日で閉店という記事がでていた。会留府と創業が近い、店の大きさもほとんど同じ。神田の少しはいった所にある。会留府は児童書の専門店なので大型の絵本などもあり、カラフルな店内だけれど、「アクセス」はどちらかというと地味で重みのある本がびっちり並んでいる。
 ここ近年お店が振るわないという話は聞いていた。でもそれは「アクセス」のみならず、どこもここもどんどん売り場面積が大きくなり、ビデオなどのレンタルと一緒になっていたり、昔からのいわゆる町の本屋がなくなりつつある。東京近郊の本屋は、もちろん取次ぎから本を仕入れるわけだけれど、お客の注文いかんによっては、あちこちの取次ぎや、ことによっては大型書店から買うことすらある。そんな取次ぎや古書店や、もちろん新刊書店が集まっているのが神田神保町だった。神田村とも言い、私も取り次ぎへ行った帰りにはちょっと寄って、忙しいと言いながら知らないたくさんの本をみるのが楽しかった。
 やはり岩波書店などの扱いの難しい出版物を扱う「スズキ」という取次ぎがなくなってから、神田村の様子が変わって来た。ビルができ、再開発とかのかけ声が聞こえてくるようになり、小さな本屋がうろうろするのがめっきりへってしまった。そして、取次ぎの日昄が西葛西に移って拍車がかかった。「アクセス」にもすっかり本屋が来なくなったという話は聞いていた。私もなかなか行くことが少なくなった。定期の本をお願いしてあったので、宅急便で送ってもらうことが多くなった。つまり、一般のお客様と同じように、現物を手に取ってみることが少なくなってしまった。
 ここ近年全国で1000店近くの本屋がなくなっているといわれている。小、零細本屋、つまり街の本屋だ。本という文化を扱う本屋、本屋でなく書店、どこへいっても同じ本が並んでいるマンモス書店ばかり、それはそれで良いとしても、新しいものをつぎからつぎへと追っかけているうちに、なにか取り返しのつかないようなものが指の間からこぼれ落ち、視野から落ちていくのではないかと不安に思うのは私たちばかりだろうか。
 それにしても「アクセス」がなくなるのは大ショック。

« しろいクマ ちゃいろいクマ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

コラム」カテゴリの記事

コメント

私も、先日書肆アクセスがなくなるという新聞記事を読んでショックでした。
神保町へ行ったときは、必ず寄る本屋さんの一つで、一般の書店などでは手に入らない、地方小出版社の品揃えを見ることをこよなく楽しみにしていました。
私のような出版情報を持たない一般の利用者にとっては、アクセスの書棚はまさに玉手箱のようでした。これからぱ、アクセスでしか買えないような本を手に入れるにはどうしたら良いのでしょう?
会留府さん、人事でなく大変でしょうけど、ぜひ頑張ってください。

私たちの本屋が一番困るのは、本を手に取って自分で確かめて仕入れをしたり、お客様に薦めたりができにくくなってきて、それは、専門店の大切な主張なので、とても困っています。日昄の店売もトーハンの店売もそのうちなくなってしまうのでないかと恐れています。仲間の人たちとももう少し情報交換をする必要があります。とても、きびしい状況です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« しろいクマ ちゃいろいクマ | トップページ | 夕凪の街 桜の国 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • P1010131
  • Photo
  • Photo