お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« カッソン家再登場 | トップページ | 海からのおたより07.8夏休み講座 »

2007年8月15日 (水)

海からのおたより07.8夏休み講座

 とても暑い日が続きます。陸だけでなく海の生物もこの暑さでどこかに潜んでいるかもしれません。海の生物にとって夏の海は人間であふれかえり、受難の毎日になります。マナーを守って自然と仲良しになりましょう。
「海からのおたより8月号は3回に分けておおくりします。

海からのおたより2007年8月・夏休み子ども講座 1の巻



 わたしは子どものころから貝を集めてきました。麦わらぼうしのかざりについていたちいさな貝、真夏の海でひろったサザエ・・・それはどんな生きものであるかわからなかったけれども、海からとおくはなれて育ったわたしのたからものでした。
今月のおたよりはいつもとちょっとちがった貝の世界をご紹介します。
 
貝ってどんな生きもの?
 貝のなかまはひとことでいうと、背骨をもたずにやわらかいからだを「から」でまもってくらしている生きものです。むずかしいことばでいうと無脊椎動物(むせきついどうぶつ)の中の軟体動物(なんたいどうぶつ)というグループの生きものです。「から」のないウミウシやイカ・タコもひろい意味では貝のなかまに入ります。貝は地球の上の生きものでこん虫の次に種類が多く、およそ10万種類いるといわれています。
わたしたちにとっていちばん身近な貝といえば「食べる貝」です。おみそしるのアサリやおすしのネタのホタテガイ・・・・。貝は独特の歯ごたえとうま味をもっています。海の中ではおいしい貝のまわりは敵だらけ。ふたを閉じて敵からからだをまもっているのです。
002
「アオウミウシ」
 からをもたないウミウシはきれいですが食べてみるととてもまずいそうです。岩場のしおだまりなどでときどき見かけますが、自分のからだをめだたせて敵から身をまもっています。「ここにいるけれど、ぼくはまずいよ〜」といっているようです。この色はたしかにおいしそうには見えませんね。タコは「から」はありませんが軟体動物の中でもっともかしこく、動きがはやいのでにげるのが得意です。
貝の肉には毒がないので食べようと思えばどんな貝でも食べられますが、えさや海水のせいで内ぞうに毒をもつことがあるので注意が必要です。
 
貝はどこにいる?
 貝はわたしたちの身の回りのあちらこちらで見つけることができます。
海ではもちろん、川や池、沼、田んぼでも見ることができます。わたしたちのまわりにも貝はいます。ホタルの幼虫が食べるカワニナ、田んぼにはタニシがいます。琵琶湖や霞ヶ浦では“淡水パール”を作るイケチョウガイなども養殖されています。
20060720_114445_0002
 「スクミンゴガイ」
 また、食用になる、と南アメリカから持ち込まれたジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は日本で売れなかったので、すてられて南日本のたんぼで稲も食い荒らすようになってしまいました。ジャンボタニシは田んぼや川から海に流れてきて九十九里浜でもときどき拾えます。図鑑にものっていないのではじめて見た時は何の貝だかわかりませんでした。
 淡水にいる貝は黒っぽい色でしかも皮をかぶっています。地味なものばかりですが飼いやすいので観察してみるとおもしろそうです。
 海も水辺もないわたしの家のまわりにも貝はいます。
かたつむり=でんでんむしとよばれる陸貝のなかまです。
 ー明日につづく (どんぐり変集長 谷口優子)
 

« カッソン家再登場 | トップページ | 海からのおたより07.8夏休み講座 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カッソン家再登場 | トップページ | 海からのおたより07.8夏休み講座 »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo
  • Photo_2