お仲間にどうぞ

  • 冬のおはなし会1月13日11時から
    赤ちゃんからお年寄りまで、絵本を読んだりお話を聞いたり、さあ!はじまり・・・はじまり
  • ー元気になる集まりいろいろー1月の予定
    *よいこ連盟(保育士・なろうとする人)12日(金)7:00〜                *Y・Aの会 読書会(どなたでも)11日7:00〜 「とりあげる本 わたしを離さないで」   *学ぼう語ろう〜15日1:30〜「母の友1月号を読む(どなたでも)             *絵本の会  19日7:00〜(誰でも)2017年のお気に入りの絵本を読む          *グループ放課後 読書会(公共図書館司書・その他)17日(水)7:00〜「とりあげる本 タイム・ライダース」     *ボランティア講座 非公開 15日(月)10:00〜       *憲法カフェ30日(火)「沖縄は今」 28日(火)7:00〜(事前参加申し込み受付)      *羊毛チクチクの会 18日10:00〜(事前参加申し込み受付)節分のイワシを作る                                                                                                                         

1月の営業とお休み

  • 1月のお休み
    *お休み 1日から4日 8日・15日・22日・29日各月曜日 *営業時間 10:30〜6:00 日曜日は1:30〜6:00

これからの会

  • 子どもと本これからの会
    読書は知識や楽しみも含めて心の栄養を与えてくれます。そして考える力になります。 被災地の子どもたちに本を届けたい、身の回りの子どもたちの環境を考えていこうという、二本の柱をたててボランティア活動をすることで出発しました。 いろいろの方たちの希望と力を持ち寄って、すばやく、やわらかく、活動を続けていきたいと思います。参加される方は参加登録してください。 世話人 坂上・宮田・大山   

募金にご協力ください。

  • 募金にご協力ください
    いつもアジアの子どもたちに絵本を贈る運動に会留府も参加している団体。公益社団法人シャンティ国際ボランティア会へ。http://www.sva.or.jp *郵便振替口座 00170-8-397994 口座名 SVA緊急救援募金 東日本大震災募金」と記入 (青い用紙が郵便局にあります)一口1000円から  みんなの小さな気持ちを!!

できることから

無料ブログはココログ

« 衣世梨の魔法帳 | トップページ |  BLUEBACK ブルーバック »

2007年7月31日 (火)

さぁ!夏だ

7月も今日で終わり、ターミナルは荷物を持った子どもでいっぱいだ。特に大きい荷物をもってどこかへでかけるか、スポーツの大会などがあって出場か応援にいく子どもたち、どちらも集団だからにぎやかだ。電車のなかは学生(受験生らしき人はのぞいて)が少なくなった分サラリーマンがめだつ。幼い子ども連れはおじいちゃん、おばあちゃんと一緒が多い。父親と異動するのはもう一週間位あと、それも車が多いかもしれない。サラリーマンは本を読んでいる人ががけっこういて、図書館の本を読んでいる人も多い。仕事関係かもしれないけれど、実用書やビジネス書が多い。女の人ではあまり本を読んでいる人はいないように思う。
夏は特に暑いだけでなく、ざわざわと落ちつかない。携帯というものも人を落ちつかなくさせている。速度がはやい分、気持ちをうまくのせられないと、とりとめなく時間を過ごしてしまう。これは携帯のみならず、テレビもそうだ。最低必要のないときしか携帯は使わない、テレビは見ない。テレビの無い生活になってから静かになった。その時間何をしているか?ちょっとくたびれていねむりしていることが多くなったかな?これは歳のせいといいわけしているが、自分のペースがとりやすくなった分、イライラすることが少なくなった。刺激が少ないのか、ないものねだりをして悩まなくなった。けれど、店にでて、人とは話すことが多いので、そうそうくらくもならない。人のペースは機械が決めることでなく、人が決めることだからなのだろう。
 事件があると確かに知りたくなるし、しかも早く知りたくなる。テレビがないのはそのてん不便だが。例えば選挙、そんなにあわててもと、のんびりと新聞を読んで、投票して、ラジオで結果を知って、また新聞や雑誌や本を読んで少し考えてみる。やっぱりそれでいい。もっとくわしく知りたい時は他の人に聞く。
 本屋としての情報も、テレビや携帯で知るより仲間の人に聞く。彼女たちはいろいろのことをじつに良く知っていて、ワイワイと教えてくれる。単なるもの知りだけでなく、思ったこと、困ったこと、喜びもふくめて。それは30年店を続けられた大きな理由だ。
 夏休み、家で読書より、すこし学校から自由になって、いろいろな人に出会い経験をしてみること、携帯やパソコンに頼らないで、自分のペースでやってみること、頼りにするのは人間。
そんな時子どもたちに手をかせるおとなでありたいと思う。

« 衣世梨の魔法帳 | トップページ |  BLUEBACK ブルーバック »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 衣世梨の魔法帳 | トップページ |  BLUEBACK ブルーバック »

最近の写真

  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo
  • Photo_2
  • Photo
  • Dscf2944
  • Dscf29402
  • 1
  • 3306602
  • Photo